茅ヶ崎市立病院の薬剤師窃盗で逮捕!小林麻央も使用したオプジーボ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

神奈川県茅ヶ崎市にある市立病院で
抗がん剤など総額1億円を超える
薬品の盗難がありました。
窃盗の容疑で市立病院の薬剤師が
逮捕されましたが、
犯人が狙っていた薬品が
超高級抗がん剤だったんでです。
事件の詳細と盗難にあった薬品について
まとめていきます。

スポンサーリンク


茅ヶ崎市立病院 薬品盗難で薬剤師逮捕!1億円以上の薬品全部盗んだの?

 
病院の薬品盗難被害額過去最高額と言っても過言ではない…
平成の大窃盗事件が発生しました。

事件現場となったのは神奈川県にある茅ヶ崎市立病院。

事の発端は遡ること3か月前。
4月15日に発生した薬品窃盗事件でした。

4月に203万円分の抗がん剤などが不正に持ち出され、
市立病院に勤務している主任薬剤師(当時32歳)が逮捕される事件がありました。
この主任薬剤師は現在休職扱いとなっています。

 

この事件を受けて茅ヶ崎市立病院は2016年9月から2017年3月(2016年下半期)分の
院内の医薬品の在庫を調べ直したところ、
抗がん剤など16種類・851箱、金額にして1億427万円分が不正に持ち出されていることが
新たに分かったと発表しました。

また、不正に持ち出された経緯として、
処方されたように見せかけるため、
在庫管理のコンピューターを不正に操作し、
あたかも患者に払い出したかのようにしていたとの事です。
また、このシステムは医薬本が減ると薬品卸業者に自動発注され、
2日以内に納品される仕組みになっていました。

現時点では1億円余りの持ち出しについて、
主任薬剤師の余罪と分かってはいませんが、
病院の薬品管理システムを熟知しているからこそできた犯行と言えそうです。

 

現時点で主任薬剤師の犯行と分かっている203万円分の
横領した抗がん剤については
東京都内の業者に転売したと話しています。

もし、1億円以上の医薬品を横流しにしていたら…
毎日仕事に行くのが楽しかったのかな…?
なんて、余計なことを考えてしまいます。

スポンサーリンク


茅ヶ崎市立病院薬品盗難1億円!小林麻央も使った超高級抗がん剤が標的に!

 
盗難にあった薬品は抗がん剤や白血病・関節リウマチの薬など
薬価が非常に高い医薬品が標的になっていました。
それもそのはず、転売目的であれば
単価が高い方がいいですもんね。。。

盗難にあった薬品の中に”オプジーボ”という気になる医薬品がありました。


[出典;小野薬品工業]

驚くべきはその薬価。
2017年2月に薬価改定がありましたが、
盗難に遭った時期は改定前という事で…
改定前の価格が20mg1瓶 15万2000円!
同じ医薬品の100mg1瓶 72万9849円!
たっかーーーい!

100mg規格の物を10瓶盗難するだけで
約730万円分…。
ちなみに、こちらの病院は”市立病院”なので、
運営費のほとんどを市民から徴収した税金で賄っています。
くっそー。。。。

 

で、気になるのは”オプジーボ”と検索すると…
”小林麻央”の文字が…。

こちらのお薬の効能は悪性黒色腫や非小細胞肺癌など。
いわゆる”抗がん剤”にあたるものですが、
薬価を見ても分かる通り、少し特殊な抗がん剤となっています。

難しく言うと”免疫チェックポイント阻害薬”という位置づけの医薬品になります。

で、なぜ小林麻央さんが一緒に検索されているのかと言うと…
それはやはりこの医薬品が高価すぎて一部の人しか
治療を受けることが出来ないからかもしれません。

実際に肺がん専門医が非小細胞肺癌にオプジーボを使用した場合、
薬剤費用だけで1兆7500億円かかると試算を発表しました。
もはや国家予算の様な金額を個人では負担しきれませんね。。。

麻央さんの病状で適応が通るかまでは定かではありませんが、
海老蔵さんは国内外で麻央さんの治療法探しに奔走していたそうなので、
もしかしたら治療の選択肢、実施に試してみた治療法に
オプジーボを使用した免疫療法があったのかもしれませんね。

 

ちなみに、先ほど少しかきましたが、
2017年2月に薬価改定が行われ、
なんと、超高額抗がん剤オプジーボが50%OFF!
それでも20mg1瓶 7万5100円!
100mg1瓶 36万4925円と、依然として高額なのは事実です。

 

この超高額医薬品が不正に持ち出された茅ヶ崎市立病院。
(いろいろ接点があるんですが…)
個人的には”こんな高額な抗がん剤治療を市立病院でやっていたんだ!”
と言うのが、本心。
で、冷静に事件を見てみて
”住民税返して~!”って、思いました。

茅ヶ崎市は今回の事件を受けて、
医薬品管理の体制を見直すとともに、
服部信明市長は
「管理体制が不十分であったと言わざるを得ません。市民の皆様に深くおわびします。」
とコメントを発表しました。

 

政治とカネの問題…
医療とカネの問題…
なんて、近い将来揶揄されるかもしれませんね。

どうなっているんだ、砂交じりの茅ヶ崎!

スポンサーリンク


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*