藤光謙司 世界陸上でイケメン指数急上昇!陸上愛溢れる葛藤も男前!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

日本時間13日早朝に行われた
世界陸上男子4×100mリレー決勝。
見事決勝進出を果たした日本チームですが、
出場メンバーを変更しての闘いとなりました。
そこで、一役脚光を浴びたのが
アンカーを務めた藤光謙司選手。
彼について情報をまとめてみました。

スポンサーリンク


藤光謙司 世界陸上リレー決勝出場に気持ちの整理は?ベテランの意地と覚悟に拍手喝采!

 
個人種目では出場を果たせなかった藤光選手。


[出典;TBS世界陸上 公式サイト]

31歳と、決して”若手”とは言えない藤光選手ですが、
日本短距離選手団の多田選手、飯塚選手、桐生選手、
サニブラウン選手、ケンブリッジ選手、藤光選手と、
6人の現在の状態からリレーの決勝では
アンカーに藤光選手を起用することをレース開始6時間前には決めていたと、
後のインタビューで苅部コーチは彼の起用について明かしていました。

ロンドン入りしてから公式戦で走っていなかった藤光選手の起用は
言ってみればかなりの冒険。
まさに苅部コーチの”勇断”が今回の銅メダルに結びついた結果となりました。

今回、突然決勝の舞台で走ることとなった藤光選手ですが、
彼の”気持ちの調整”が素晴らしかったと、
ベテランならではの走りと気持ちの整理に賞賛があがっています。

 

当の本人はレース後のインタビューで

「最高です!予選を通過してくれたケンブリッジの分、
サポートしてくれたハキームの分、走りたいと思っていたので、
こういう結果になってよかった。
去年走ることができなかったが、こういう機会与えてもらい、感謝している。
昨年で終わることも一瞬考えたが、周囲に支えてもらった方のおかげで、ここにいる」

[引用;Yahoo!ニュース]

と、やはり自身としての葛藤があったことをスマートに語ってくれました。

確かに、リオ五輪のリレーメンバーでもなく…
今回の世界陸上の個人種目での登録もなく…
リレーの予選を走ったわけでもなく…
いきなり決勝の舞台で銅メダル。

一番近くでサニブラウン選手やケンブリッジ選手のサポート役に回っていたからこそ、
いろんな葛藤に打ち勝ち、”銅メダル”という最高のプレゼントを
仲間にあげたかったのかもしれませんね。
しかし、公式Twitterの写真を見てみると
つくづく仲のいい最高のライバル関係だな…
って、思ってしまいます。
かっこよすぎるぜ、日本選手団!
一緒に掲載されている藤光選手のコメントもとても紳士的です。

 

そんな藤光選手ですが、今”選手”としてだけでなく、
他のところでも世間を賑わせています。
それが…”藤光選手イケメン説”
特に女性を中心にその華やかな目鼻立ちにくぎ付けになっている様です。
藤光選手の公式Twitterと共に、
彼のイケメンっぷりを最後にご紹介したいと思います。

スポンサーリンク


藤光謙司 世界陸上にも愛用のドライヤー持参!?イケメンは持ち物にもこだわりが!

 
藤光選手が一躍脚光を浴びるようになったのは
リレーの決勝での走りはもちろんのこと、
その華やかな目鼻立ち…
いわゆる、イケメンってやつですね。

自身の公式Twitterでも多くの写真を投稿していたので、
一気にご紹介したいと思います。

藤光選手が持っているフリップは彼の手書きでしょうか?
とても達筆で、男性らしい字ですね。
個人的には字体が男らしく、達筆なところがイケメン指数上昇ポイントです。

忘れてはいけませんね、イケメンの笑顔。
イケメンも美人も”笑顔”が大事。
藤光選手のこの笑顔に何人もの人がきっと幸せな気分になれたことでしょう。

キメ顔からの・・・
オフショット!
どちらも文句なしのイケメンです。

 

そんな藤光選手、やはりセルフケアにはとってもこだわりがあるようで、
遠征に行く際は年々荷物が増えてしまうそうです。

あのヘアスタイルを整えるにも絶えまぬ努力が見受けられます…。
と言うか、やはり日本を代表するトップアスリート。
どんなに見た目でチヤホヤされても”結果”が全ての世界。
きちんとトレーニング後のアフターケア用品も持参されているようです。

そして、見た目からはなかなか想像できませんが、
彼の陸上愛は人並み以上と言っても過言ではありません。
さぞかしモテるのでは…
と思ったのですが、31歳になった今でも”陸上一筋”の超アスリート。

やはり、ボルト選手の(100m)ラストランには感慨深いものがあったようで、
選手席から見たボルト選手の雄姿をTwitterに投稿していました。

藤光選手の陸上愛が垣間見えるツイート。
陸上を愛して止まない彼だからこそ、
生で観たボルト選手の姿は一生忘れることのできないものとなったことでしょう。

 

リレー後の公式コメントで
「昨年の時点で選手生命を終えることも考えた」
と話していた藤光選手。
また彼が日の丸を背負って走る姿を観たいものですね。
 
 
【関連記事】
世界陸上 男子400mリレー結果動画速報!ボルト本当のラストラン!

サニブラウン(動画あり)日本人最速の世陸予選!ボルトも一目置いた!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*