福岡で3億8400万の強盗!天神で起きた白昼堂々の奇怪事件の真相!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

4月20日のお昼過ぎ、福岡市中央区天神の駐車場で
男性が銀行でおろした3億8400万円が3人の集団に盗まれる、
平成の大強盗事件が起こりました。
男性はなぜ3億8400万円をおろしたのか、
白昼に起きた大胆な犯行はどんなものだったのか書いていきます。

スポンサーリンク


福岡天神で大強盗発生!瞬時に消えた3億8400万円は平成の三億円事件か?

近年の強盗事件では世界的にもあまり類を見ない、
大強盗事件が20日の昼過ぎ、
福岡市中央区天神のみずほ銀行福岡支店近くで起こりました。

強盗にあった金額はなんと…
「3億8400万円!!!」

1968年12月10日に東京都府中市で起きた「三億円事件」よりも
さらに8400万円も多い額が盗まれました。
ちなみに、三億円事件は現金輸送車を狙った犯行だったため、
ある程度犯行時間と輸送経路の下調べも可能だったと思います。
言わずと知れた未解決事件のひとつです。
その後、1975年に時効を迎えたのも周知の事実ですね。

今日起きた事件背景はこんな感じです。

会社の取り引きに使うお金を、足立区の男性会社員29歳が
みずほ銀行福岡支店でお金をおろし、スーツケースに入れ駐車場に戻っていました。
駐車場に戻ったところで、被害者の車の近くに止まっていた
白のワンボックスカーから男2人が被害者男性に催涙スプレーを噴射。
被害者男性がよろめいている隙に、犯人の2人がスーツケースごと盗み、逃走をした。

というのが、今回の事件背景です。

このニュースの第一報を聞いた時、正直わたしはいくつか疑問に思うことがありました。
恐らく、同じ疑問をお持ちの方がいらっしゃるのではないかと…
思います!
この事件の気になるポイントをまとめてみます。

スポンサーリンク


福岡で3億8400万円引き出す理由がない!謎多き足立区会社員29歳!

まずは気になる被害者の情報ですね。
今回、みずほ銀行福岡支店で3億8400万円を引き出したのは
“足立区の会社員男性29歳”という報道が出ています。
現時点で被害者(=お金を引き出した人物)は彼1人のようです。

疑問点はいくつかありますが、やはり
“ナゼ大金を1人で引き出したのか?”
という事ですね。
この疑問について、被害男性は
「会社の取り引きに使うお金をおろした。
おろす日は事前に銀行との話し合いで決まっていた。」
と、話しています。

…?
会社のお金を、29歳の社員が、地方の支店に、たった1人で行かせる会社…!
どこだよっ!!!
そんな大金が動く、恐らく大事な取り引きになのに、
29歳が1人!?
強盗に合う合わない以前に、やはり大金が動く時は
身内の犯行も防ぐために
会社の人間が複数人で銀行に行くのが常識的なのではないでしょうか⁇
とっても怪しすぎますよね。。。

また、3億8400万円を重さに換算すると…
約38キロ!!!
決して不可能ではありませんが、相当な重さの物を1人で運び出すことになります。

そして、、、
“都内にも、都内近郊にもたくさん銀行があるのにナゼ福岡?”
“このご時世、現金をおろさなくても送金対応でも取り引き出来るのではないか?”
この辺りが被害者男性に対する主な疑問点ではないでしょうか?

いずれもまだ詳細な情報が出ていないため、
一概にはなんとも言えませんが、第一報を受けての率直な意見です。

次に、加害者グループについて。
“ナゼ被害者男性が大金をおろしに行くことが分かったのか?”
報道では駐車場に停めたワンボックスカーの中で待機していた犯人の3人。
被害者男性がトランクにスーツケースを積もうとした時に犯行に及んだ
と、言われています。

スーツケースを持った若い男なんて世の中にたくさんいるし、
福岡ほど観光・ビジネスで人が集まる場所なら、
被害者らしい装いの人なんてたくさんいると思いませんか?
しかも、被害者の車の近くにワンボックスカーを停めていたという事は、
お金を引き出しす前から大金を引き出す事を知っていたということになりますよね。
偶々、偶然の事件ではない事が非常に濃厚です。

犯行後、犯人を乗せたワンボックスカーは猛スピードで福岡市内を逃走します。
けど、街中の防犯カメラにその姿が映りすぎ!
最近の防犯カメラは非常に性能がいいので、
ナンバープレートの番号、車種の割り出しも時間の問題だと思われます。

白昼に起きた大胆卑劣な犯行は意外にも奇怪事件のように見て取れませんか?
この犯行には何かしら情報がリークされているような気も…。
平成の未解決三億円事件とならないよう、犯人が捕まる事を願うばかりです。

スポンサーリンク


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*