箱根駅伝 フリーザ様を今年も観たい!復路7区に現れる環境美化の悪役!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

毎年多くの感動を与えてくれる箱根駅伝。
今年も1月2日、3日に放送されますが、
家族が観てるからなんとなく観てるけど…
正直つまらない!と思っている方もいらっしゃるのでは?
そこで、今回は少し視点を変えて
テレビ中継で見つけられたら面白い!
と言うものを一挙大公開しちゃいます。

スポンサーリンク


箱根駅伝名物 フリーザ様は外せない!親友はガキ大将のジャイアン!?

 
日本で一番盛り上がる学生駅伝と言っても過言ではない、箱根駅伝。
大会の規模も東京・大手町から神奈川・箱根と、
都心から沿岸部を抜け、1つのスポーツ中継の番組を見終わるころには
箱根・芦ノ湖の自然豊かな景観に変わってしまうのも魅力のひとつかもしれませんね。
お正月の1月2日、3日と言う大会日程という事もありますが、
近年では視聴率も25%を超えるほど、注目度も非常に高い大会です。

もちろんこの盛り上がりは、選手・視聴者に限った話ではありません。
年々増加する沿道の観客が片道100キロ以上続く箱根路を歓声で彩ってくれています。
その大勢の観客の中に…
やはり、”目立ちたがり屋さん”とか、”テレビに映りたがり屋さん”がいるんですね。
そこで、今日は『箱根駅伝と言ったらこの観客!』と言うほど有名な
名物観客を一挙ご紹介します。
ランナーが走っている姿を観ながらたまに沿道に目を向けると
意外と面白い方々を観ることが出来ちゃいますよ!

 

まずは、箱根駅伝の沿道で最も目立つ観客と言ってもいい…でしょう。
『フリーザ様集団!』

フリーザをご存知ない方もいらっしゃるかと思いますので・・・
と言うより、独身姫がよく知らないので、調べてみました。
フリーザはドラゴンボールに出てくる悪役キャラクターです。
どうやら、第一形態、第二形態、第三形態、最終形態と進化していく模様。

【フリーザ 第一形態】

【フリーザ 第二形態】

【フリーザ 第三形態】

【フリーザ 最終形態】

[出典;NEVERまとめ]

このキャラクターに扮した名物観客集団がこちら!

金色のコスチュームはフリーザではなく、フリッツァでしょうか。。。


[出典;Dragon Ball WIKI]

フリーザ様集団は毎年復路7区の11.8キロにある二宮のカメラポイントに映り込んでいます。
ここの定点カメラでは二宮押切坂を上り終えた選手を撮っている場所なんですね。
フリーザ様集団は”とにかく長く映るポイント”を探し求め…
この定点カメラの見切れる場所を発見したようです。

選手のレース展開にもよりますがテレビ中継では3日、9:20頃から映る可能性が高いです。
定点カメラは通過選手(学校)の前後との差を測るのにも活用されるため、
選手が通過するたびにフリーザ様集団を観ることが出来るかもしれませんよ!

2017年は”恋ダンス”を踊って通過する選手たちを応援していました。

この土手上がフリーザ様たちの定位置。
実は、普段雑草が生い茂っているこの土手なんですが、
箱根駅伝当日になると雑草一つなく、綺麗な状態になっているそうです。
巷では”悪の帝王、フリーザ様たちが綺麗にしてる”というウワサが…。
また、2017年に開催された湘南国際マラソンのハーフの部で
ものすごい勢いで疾走するフリーザ様の姿が目撃されているんだとか。
環境美化に務め、エンターテインメント性に優れる悪の帝王に今年も注目ですね。

スポンサーリンク


箱根駅伝 隠れ名物リラックマ!正体を明かさない目立ちたがり屋!

 
もうひとつ、隠れた沿道の名物観客がいます。
それが、、、

『函嶺洞門のリラックマ』

かれこれ10年近く、この函嶺洞門のカメラポイントに見切れるように
大きなリラックマを持った青年が映ります。
しかし、リラックマを持っている青年の姿が映ることはなく、
マニアックな駅伝ファンの間でも謎に包まれた存在なんです。

初登場から数年は往路5区で登場していましたが、
ここ数年は観客が増えたせいか、往路6区に登場することが多いです。
今年発売された超マニアックなガイドブックによると、
このリラックマを持っている青年は”ポールさん”を名乗る人物。
ただ、「詳しくは明かさないでください」と、
インタビューで懇願されたそうです。
ますます謎めいた青年・・・。

もし仮に、初登場の年に彼のクリスマスプレゼントが巨大リラックマぬいぐるみで…
それを毎年あの場所に持ってきているとするならば…
ポールさんは少年から青年に成長し、
その成長をマニアックな駅伝ファンは超陰ながら見守っていることになりますね。
なんだか微笑ましい成長録でもあります。

またオトナになり、資金面的に余裕が出来たのか、
近年ではこんな旗まで持参して応援に駆けつけています。

多くを語らないポールさん、すっかり有名人です。
函嶺洞門のリラックマが気になる方は2日12:10頃からと、
3日8:30頃からテレビ中継を観ていると確認することが出来るかもしれませんよ。
独身姫的予想は、2018年も復路に登場する!
という事で、3日に賭けてみようかと思います。

 

有名人つながりで行くと、本当に有名人が応援している場所もあります。
復路8区の茅ヶ崎ではフリーアナウンサーの徳光和夫さんが
”マイ拡声器”を持参して勝手に実況を行っています。
茅ヶ崎に住む人にはもうメジャーな話で、毎年徳光さんの隣で応援しようと
場所取り合戦が繰り広げられています。

徳光さんは8キロ地点少し手前の”茅ヶ崎市立第一中学校前”付近で応援することが多いです。
しかし、テレビ中継に映るのは本当に稀で、
ちょうどその場所で順位変動が起こりそうであったり、
何かアクシデントがあったりしない限り、
あまりカメラで抜かれることが無い場所です。
もしテレビ中継で徳光さんを発見できれば、その年1年、いいことがありそうですね。

 

もう一人、箱根駅伝ランナーの応援に駆けつけている有名人がいます。
復路10区、芝公園に毎年現れる増田明美さん。
増田さんと言えば、国際マラソンの解説で”細かすぎる選手紹介”でも有名ですね。
11月に行われた全日本大学駅伝でも解説を担当され、
学生選手の細かすぎる情報を随所に差し込んでいました。
増田さんも徳光さん同様、テレビ中継に映り込むことがほとんどありません。

 

以上、簡単ではありますが駅伝以外の箱根駅伝の楽しみ方のご紹介でした。
箱根駅伝はランナーあっての大会ですが、
そのランナーは沿道の大歓声があってこそ、
20キロもの長距離を全力で駆け抜けることが出来るというのも事実。
選手たちは意外と沿道の観客を観てるみたいですよ。
まさに箱根駅伝はお祭り騒ぎと言ってもいいくらい、みんなで盛り上がっているんですね。
2018年はどんな名物観客が現れるのか…
不覚にも少し楽しみな独身姫なのでした。
 
 
【関連記事】
箱根駅伝2018 駒澤大学は大八木監督に託された復活優勝!エントリーメンバーは4年生が最多!

箱根駅伝2018 コースを地図で徹底解説!区間エントリー発表はいつ?

箱根駅伝2018 出場校一覧!ユニホーム&襷をわかりやすく紹介!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*