箱根駅伝2019 東洋大学はイケメンエースが王座奪還に燃える!酒井監督も漲る闘志!

平成最後の闘いとなる2019年の箱根駅伝。
今大会は、第95回大会の記念大会になるため、
参加チームも例年より2チーム多い22チームでの闘いとなります。
そこで今回は、優勝候補の1校でもある東洋大学について、
チームオーダーや気になる選手をご紹介していきます。

スポンサーリンク


箱根駅伝2019 東洋大の監督がイケメン!?毎年クールな酒井監督に新年早々メロメロ!

 
今回で95回目を迎える東京箱根間往復大学駅伝競走。
2019年大会は”平成最後の戦い”となり、例年以上に熾烈な闘いが予想されます。
また、記念大会と重なり、出場校の数も多くなっています。
 
 
東洋大学OBの柏原竜二さんが「山の神」と称され、
東洋大学が初優勝の称号を手にしてから早10年。
2018-19年シーズンの三大大学駅伝大会のタイトルこと手にしていませんが、
箱根駅伝の優勝候補の一角であることには変わりません。

 
今年も東洋の走りに注目したいところですが、
【箱根駅伝 東洋大】と検索すると、
なぜか【イケメン】と検索する人が多いという事実に遭遇しました。

 
高校野球でもそうですが、
学生スポーツファンにとって、”イケメン”という要素はどうしても外せないみたいですね。
どうしても学生スポーツとなると、
イケメン選手の”卒業”という学生スポーツならではの運命のようなものがあるのですが…
ここ、東洋大学は10年以上前から”駅伝のイケメン”が存在しているんです!
 


監督の酒井俊幸氏。
 
実は、東洋大学の走りに注目したいですねと言っている独身姫も
かれこれ10年近く、酒井監督のファンなんです。
レース中の運営管理車内ではほとんどを変えず、
また、感情的にもあまりならない酒井監督。
とってもクールな姿が印象的な酒井監督ですが、
一度にっこり笑えばかわいい八重歯に、
力走した選手にちょっとポップなLINEを送るギャップ。
新年早々、そんな酒井監督のギャップにメロメロな女性も多いのではないでしょうか。
 
青山学院大学の原晋監督は自身が広告塔となり、
駅伝のみならず陸上競技の繁栄のため活動をしている一方で、
酒井監督はメディアに出ることがやや苦手ということもあり、
実際のレースや結果で陸上競技を盛り上げてくれるタイプとも言えるでしょう。
 
事実、2018年の2月に16年ぶりの日本記録更新となった男子マラソン。
その記録を打ち立てた設楽悠太氏は、東洋大学のOBですからね!
その後、早稲田大学OBの大迫傑氏に記録を更新されてしまいましたが、
酒井監督直伝の東洋魂でまた嬉しいニュースを届けてくれるのではないかと、期待しています。
 
さて、少しばかり箱根駅伝の話題から反れてしまいましたが、
2018-19年シーズンの三大大学駅伝大会を無冠で終えた東洋大学。
11月に行われた全日本駅伝終了後のミーティングでは、
「このまま青学に三冠を獲らせるわけにはいかない。
それを阻止できるのは、我々、東洋大学だけだと思っています!」
と、アツい闘志漲る言葉を残していました。

 
そんな東洋大学の箱根駅伝優勝確率は…74%
(独身姫の勝手な予想です。。。)
スピードレースの出雲駅伝が苦手な印象を受ける東洋大学。
しかし、今大会は総合2位とまずまずの成績を残した一方で、
11月に行われた全日本駅伝ではレース前半に
上手く流れに乗ることが出来なかったように見受けられました。
結果は3位。
ちょっと不安要素を残して終えた闘いという印象です。
 
ですが、箱根駅伝にはめっぽう強いのが近年の東洋大学。
昨年も下馬評はあまり良くなかったのですが、
蓋を開けてみれば往路優勝を飾り、総合も2位という好成績。
今大会もいい意味で期待を裏切って欲しいという想いも込めて、
東洋大学の優勝確率予想は74%です!
 
 
スポンサーリンク


箱根駅伝2019 東洋大学のイケメンは監督だけじゃない!イケメンエースの区間エントリーが気になる!

 
今回の箱根駅伝に向けて、新たなウェアをお披露目した東洋大学。
「箱根駅伝で金(優勝)を獲れるように」と、
黄金のウェアを新調したそうです。
それだけ、東洋大が箱根駅伝に懸ける想いの強さが伝わってきますね。


 
では、ここからは東洋大学の注目選手について情報をまとめていきます。
まずは、山本修二 選手〈4年生〉

View this post on Instagram

本日エントリーが決まった16名。まずは上級生から紹介します。4年生から3名、3年生から4名の選出となりました! 4年生は、今回の箱根駅伝にかける想いが強い学年です。この1年間、「走り」で、「生活」で、「背中」でチームを引っ張ってきました。最後の箱根駅伝を笑顔で終えるために、4年間のすべてをぶつけ、鉄紺の真価でくつがえします。 3年生は、人数の少ない4年生を支え、一緒にこのチームを作ってきました。チームの中心となる学年なので、これまでの経験を活かして、駅伝では怯まず東洋大らしい攻めの走りをします。 #東洋大学 #駅伝 #エントリー #メンバー #発表 #3年生 #4年生 #鉄紺 #NIKE #その1秒をけずりだせ #鉄紺の真価でくつがえせ

東洋大学陸上競技部(長距離部門)さん(@toyo.tu)がシェアした投稿 –

3人兄弟の末っ子である修二選手。
長男の憲二くんもかつて東洋大学で箱根駅伝を走っていました。

修二選手の好きな食べ物はカボチャ。
一番大切なものは布団と、
普段のキャラは愛嬌たっぷりの修二選手ですが、
一度走り始めるとその形相は一変。
「打倒、兄・憲二」という自身の目標を達成と、
チームの為に貢献できる走りをしたいという、
力強い走りを見せてくれます。
現在の東洋大のエースでもあり、前回大会は往路3区で区間賞を獲得する走りを見せてくれました。
箱根で一番力を出せる区間は5区という事で、12月29日に発表される区間エントリーにも注目ですね。

View this post on Instagram

本日エントリーが決まった16名。続いて下級生を紹介します。2年生から8名、1年生から1名の選出となりました! 2年生は、この学年は今とても勢いのある学年で、先日のレースでは多くの選手が自己ベストを更新しました。駅伝でもチームに勢いをもたらす積極的な走りをして、チームの勝利のためにその1秒をけずりだします。 1年生は、今徐々に力をつけている学年です。今回は1名のみの選出でしたが、学年の代表、チームの代表として、1年生らしく思い切って箱根路を駆け抜けます。 #東洋大学 #駅伝 #エントリー #メンバー #発表 #1年生 #2年生 #鉄紺 #NIKE #その1秒をけずりだせ #鉄紺の真価でくつがえせ

東洋大学陸上競技部(長距離部門)さん(@toyo.tu)がシェアした投稿 –

続いて、相澤晃 選手〈3年生〉
相澤選手は3年生エースとして、2018年の出雲駅伝と全日本駅伝で好成績を収めました。
調子も右肩上がりのようで、箱根駅伝での走りにも期待です。
相澤選手の好きな食べ物はお肉とチョコレート。
もし1億円が手に入ったらお家を建てるそうです。
箱根で一番力を出せる区間は8区という事で、
往路2区に相当する花のエース区間でもある8区。
例年、復路が少し強さに欠ける印象が強い東洋大学。
今大会の復路のオーダーが気になりますね。

最後は、西山和弥 選手〈2年生〉
西山選手は昨年、1年生エースとして箱根駅伝の1区を走りました。
記録は見事区間賞で東洋大学は1位で襷リレーを終えました。
このまま東洋大学は勢いに乗り、往路優勝を果たします。
言わずもがな、西山選手は前回大会の往路優勝の立役者と言っても過言ではないでしょう。

今回大会でもその活躍が期待されますが、
箱根駅伝の前哨戦と言われる全日本大学駅伝、
更には駅伝シーズンの到来を告げる出雲駅伝ともに、
本来のチカラを発揮しきれずにレースを終えた印象でした。
徐々に調子を戻しつつあるそうなので、
箱根駅伝では西山選手の快走を見れるかもしれませんね。
 
 

尚、各区間エントリーは12月29日発表となります。
最新情報が入り次第、随時更新して参ります。
 

箱根駅伝2018 区間エントリー&補欠メンバー 一覧

 

こちらのサイトでも随時箱根駅伝情報を更新していきますのでお楽しみ♪
 
 
【関連記事】
 
スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です