箱根駅伝2019通過時間予想一覧!復路コースも徹底解説!2018年は青学が総合優勝で大手町ゴールは13:29!

平成最後の年越しとなる2019年。
今やお正月の風物詩として全国区となった箱根駅伝が今年も始まります。
数多くの記録と、感動的な記憶を残した箱根の闘い。
2019年、第95回大会はいったいどこの大学が優勝の栄冠を手にするのでしょうか?
こちらの記事では、復路5区間のコース紹介と、
2018年大会の各区間のポイント通過時間をまとめていきます。
 

 
スポンサーリンク



 
 

箱根駅伝6区コース紹介と選手通過予想時間まとめ!山下りの選手は次の日歩けない位大変!

 
往路の歓喜、興奮がまだ冷めぬ1月3日朝。
年明けのワクワク感も次第に薄れていく感覚を覚えますが、
箱根駅伝はこの日に、各チームの年間スケジュールが決まると言っても過言ではないくらい、
大学駅伝ランナーにとって、とても重要な1日を迎えます。
 
6区山下りの選手は箱根の急坂を一気に駆け抜けていきます。
そのため、足の裏への負担は想像を超えるものとなり、
青山学院大学の原監督は、
「6区の選手は足の裏全体がマメになって、しかも潰れて皮がむけるから次の日は歩けなくなる選手が多い」
とコメントを残していました。
足の裏全体がマメになるなんて・・・
私たち凡人には想像もできない痛みでしょうね。
ちなみに、原監督を率いる青学6区を3年連続で任されているのが小野田勇次選手。
原監督曰く、彼は本当に山特性のある選手で、
とにかく過酷な山下りを走った次の日でもケロッとした顔で練習に参加してしまう程、
山下りが得意な選手だそうです。
2019年大会は4年生の小野田選手。
大学駅伝最後の山下りを見れるかも楽しみですね。
 
【6区 20.8km】芦ノ湖~小田原中継所
区間記録 50分01秒(2017年大会/日本体育大学・秋山清仁選手)

 

2018年大会 選手通過時刻
 
8:00 往路優勝チームがスタート
8:10 トップチームから10分以上タイム差をもって往路ゴールしたチームが芦ノ湖を一斉スタートします
 
8:15 トップチームが国道最高地点874mを通過
 
5.1キロ地点(芦之湯)トップチーム通過 8:16
 
7.9キロ地点(恵明学園前)トップチーム通過 8:23
 
9.1キロ地点(小涌園前)トップチーム通過 8:27
 
10キロの通過(トップチーム) 8:30
前回大会では、首位東洋大が小涌谷の踏切を通過したのが8:30頃でした
 
小田原中継所まで9.2キロ地点(宮ノ下)トップチーム通過 8:33
 
小田原中継所まで7.1キロ地点(大平台)トップチーム通過 8:39
 
小田原中継所まで3.8キロ地点(函嶺洞門)トップチーム通過 8:48
前回大会では、首位青山学院大学が箱根湯本駅前に到着したのが8:50
ここで監督が乗る運営管理者と選手が合流
 
【小田原中継所トップチーム通過 8:58】
【小田原中継所最終チーム通過 9:14頃】
 
スポンサーリンク



 
 

箱根駅伝7区コース紹介と選手通過予想時間まとめ!フリーザさまも応援に駆け付ける勝負の区間!

 
近年の箱根駅伝では「復路の2区」とも言われるほど、重要区間である7区。
 
【7区 21.3km】小田原中継所~平塚中継所
区間記録 1時間02分16秒(2018年大会/青山学院大学・林奎介選手)

 

2018年大会 選手通過時刻
 
平塚中継所まで9.5キロ地点(二宮)トップチーム通過 9:32
 
平塚中継所はトップチーム通過から20分経過で繰り上げスタートとなります
10:21 繰り上げチームがスタート
 
【平塚中継所トップチーム通過 10:11】
【平塚中継所最終チーム通過 10:26】
 
スポンサーリンク



 
 

箱根駅伝8区コース紹介と選手通過予想時間まとめ!権太坂の試練に打ち勝ち22年ぶりの区間記録更新に期待!

 
コース後半からゆるい上り坂が続く3区。
遊行寺の坂を攻略するのが如何に難しいことなのか…
それは、8区の区間記録をご覧いただくと一目瞭然だと思います。
8区の区間記録は10区間の中で最も古い1997年の記録。
毎年、各校のエースがこの記録を更新するために挑戦していますが、
21年ものあいだ、破られていません。
 
【8区 21.4km】平塚中継所~戸塚中継所
区間記録 1時間04分05秒(1997年大会/山梨学院大学・古田哲弘選手)

 

2018年大会 選手通過時刻
 
6.9キロ地点(茅ヶ崎)トップチーム通過 10:21
6.9キロ地点(茅ヶ崎)最終チーム通過 10:42
 
戸塚中継所まで5.5キロ地点(遊行寺坂)トップチーム通過 10:47
 
戸塚中継所はトップチーム通過から20分経過で繰り上げスタートとなります
11:25 繰り上げチームがスタート
 
【戸塚中継所トップチーム通過 11:05】
【戸塚中継所最終チーム通過 11:32】
 
スポンサーリンク



 
 

箱根駅伝9区コース紹介と選手通過予想時間まとめ!熾烈なシード権争いに鶴見中継所の繰り上げスタートに涙!

 
毎年、涙無くしては見られない箱根駅伝復路後半戦。
涙の繰り上げスタートや、歓喜のシード権獲得。
細かい見どころは各区間のコース紹介とともいまとめていきます。
 
【9区 23.1km】戸塚中継所~鶴見中継所
区間記録 1時間08分01秒(2008年大会/中央学院大学・篠藤淳選手)

 

2018年大会 選手通過時刻
 
7.8キロ地点(権太坂)トップチーム通過 11:29
7.8キロ地点(権太坂)最終チーム通過 11:50
 
鶴見中継所まで8.4キロ地点(横浜駅)トップチーム通過 11:50
鶴見中継所まで8.4キロ地点(横浜駅)最終チーム通過 12:11
横浜駅は、定点の計測ポイントでありながら、
復路では給水ポイントでもあるので、
テレビ中継はもちろんのこと、実際に沿道に応援に行くのもおススメです
 
鶴見中継所はトップチーム通過から20分経過で繰り上げスタートとなります
12:37 繰り上げチームがスタート
 
【鶴見中継所トップチーム通過 12:17】
【鶴見中継所最終チーム通過 12:40頃】
 
スポンサーリンク



 
 

箱根駅伝10区コース紹介と選手通過予想時間まとめ!大手町に響く歓喜はどこの大学か!?

 
【10区 23.0km】鶴見中継所~大手町・読売新聞本社前
区間記録 1時間08分59秒(2007年大会/順天堂大学・村瀬元太選手)

 

2018年大会 選手通過時刻
 
大手町ゴールまで9.5キロ地点(新八ッ山橋)トップチーム通過 12:59
大手町ゴールまで9.5キロ地点(新八ッ山橋)最終チーム通過 12:59
 
13:09 首位、青山学院大学が日比谷通りへ
 
13:23 首位、青山学院大学が中央通りへ
 
大手町ゴールまで1キロ地点(日本橋)トップチーム通過 13:26
 
【大手町ゴールトップチーム到着 13:29】
【大手町ゴール最終チーム到着 13:52】
 

【関連記事】

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です