稲田朋美 無能露呈防衛大臣!大事な時はいつも逃げちゃうともちん!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

自衛隊を私物化しているような発言で
物議をかもしていた稲田朋美防衛大臣。
ようやく騒動のほとぼりが冷めたかのように
思いましたが、
またしてもともちんは無能さを露呈する
行動を起こしていたのです。
今回は一体何をしたのでしょうか?

スポンサーリンク


稲田朋美の無能さ露呈は諦めか?私の自衛隊をほったらかし!

 
先日行われた東京都議選の応援演説内で

防衛省、自衛隊、防衛大臣、自民党としてもお願いしたい

と、自衛隊を安易に政治利用しているともとれる発言をしたとして
稲田朋美防衛大臣の発言が波紋を呼びました。

同時期に豊田真由子衆議院議員の秘書への暴言騒動もあり、
東京都議選の自民大敗はこの2人が足を引っぱったとまで言われる
大騒動となりました。

しかし、一連の騒動もタレントの松居一代さんの騒動でかき消され、
コメンテーターとして活躍するデーブスペクターさんがこんなツイートをするまでに。

確かに、松居さんの陰に隠れることが出来た
稲田防衛大臣と豊田代議士は安堵の表情を浮かべているのか…
なんて思っていましたが、
そんなことは全くありませんでした。

 

なんと、今回起きた福岡・大分の水害で
行方不明者らの捜索に当たっている自衛隊をしり目に
稲田防衛大臣は防衛省の席を空けるという、
またしても問題行動を起こしていたのです。

稲田防衛大臣が防衛省を離れたのは6日11:50でした。
こんな一大事が起きているというにも関わらず、
0:30過ぎに小林鷹之政務官が登庁するまでの約40分間、
防衛省内には大臣、副大臣、政務官のトップ3が不在と言う
前代未聞の事態が起きていたのです。

その後稲田防衛大臣は13:00頃再当庁し、
席を外していた約1時間半は”政務”にあたっていたことがわかりました。

稲田防衛大臣はマスコミから
「何の政務だったのか」
「政務三役不在で救援指揮に問題はないのか」
などど問われましたが、だんまり。
無言のままエレベーターに乗り込みました。
”政務”の内容について、防衛省は
「民間との防衛政策に関する勉強会に出席した」としました。

さすがにトップ3がいない省内からは
「隊員が必死で活動しており、士気にかかわる。」
と言った厳しい声が上がっていたとの事です。

 

稲田防衛大臣が行っていた”政務”とは、
後援者との会合や選挙応援など政治家としての活動の事を指します。
閣僚としての業務である「公務」とは区別されるものです。
”災害のため自衛隊が派遣”されている緊急事態。
そんな大事な時に稲田防衛大臣は”政務”に行かなければならない状況だったのでしょうか?

スポンサーリンク


稲田朋美 無能さを露呈することが仕事?ネット上では呆れ声!

 

これだけ問題起こしてるのに、
心を入れ替えて真面目に仕事しようと思わないのが凄い。
何の反省もしてないやん。

この緊急事態にね。やはりこの人は要らないね。
結局、保身しか考えてないんだろうね。
そもそも省内でも、持て余されてるのかな。

人命救助より大切な政務って何?

度重なる稲田防衛大臣の不祥事に
ネット上では呆れ声が多く見受けられました。

また、命を助けるための派遣されている自衛隊員をしり目に
席を空けるという暴挙に対して、
命よりの大事な政務って何なの…?
という声も多く見受けられました。

稲田防衛大臣は被災された方の命より…
懸命に人命救助にあたっている自衛隊員の命より…
自身の政治家としてのイノチの方が大事という判断だったのでしょうか?

この一件で一時は落ち着いていた
稲田大臣罷免の動きも再加速しそうです。

スポンサーリンク


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*