小林麻央 顎が痛くて食べれず!転移で余命もわずか!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

乳がん闘病中の小林麻央さんが2日、
ブログを更新しました。
5月29日に退院し、現在は自宅療養中の麻央さん。
今日更新されたブログでは”顎転移”について書いていました。
また、姉・麻耶さん、夫・海老蔵さんのブログから
麻央さんの余命が少し心配な内容が綴られていました。

スポンサーリンク


小林麻央 顎転移と闘う日々!想像以上の痛みが襲っていた!

乳がん闘病中の小林麻央さんが2日、自身のブログを更新しました。

麻央さんは4月11日に再入院し、先月29日に無事に退院することが出来ました。
現在は自宅に用意された酸素吸入機や、
入院中に埋め込みを行ったCVポートを使って在宅医療で闘病を続けています。

2日に投稿された麻央さんのブログは
「ほうれんそう プラス」
というタイトルの記事でした。

麻央さんは入院期間中から固形物を経口摂取することがツライことを
ブログ内で明かしており、
極度の栄養不足が懸念されていました。

夫の市川海老蔵さんもそんな麻央さんが少しでも食べ物を口にできるようにと、
大好物の”桃”の初物を差し入れたり、
くたくたに煮込んだお手製スープを持って行ったりと、
ほんの少しでもいいから”口から栄養を摂って欲しい”という想いを込めた
ブログを投稿していました。

 

で、そんな麻央さんが今日投稿したブログに載せた写真がこちら。


[出典;小林麻央オフィシャルブログ KOKORO.]

麻央さんが口にしているのは
人参りんごレモンジュースにほうれん草をプラスした特製ジュース。
もはや”ジュースやスープでしか”栄養を摂ることが出来ないのかもしれません。

それでも麻央さんは痩せ細ってしまったカラダ、
病気と闘うカラダのためを想ってか、
こんな風に綴っています。

食べないといけません。
まだまだカロリーが足りません。

[出典;小林麻央オフィシャルブログ KOKORO.]

自宅に帰ってからもなお、病と闘い続ける力強い姿は健在でした。
今日は少し体調がいいのか、ジュースを飲みたいと思えるくらい、
食欲も増えてきたことを明かしてます。

 

麻央さんが固形物を経口摂取出来ない訳は”胃”の問題だけではありませんでした。
先日公表した”顎転移”が今の麻央さんを苦しめていたのです。

顎の痛みに負けて、食べないでいたら、
顎が弱ってしまいます。

[出典;小林麻央オフィシャルブログ KOKORO.]

投稿するブログの十中八九、前向きな内容の麻央さんですが、
この時ばかりは「顎の痛み」について書いています。
きっと、ブログに書きたくなるくらい相当痛みが強いのだと思われます。

さすがに顎だと体を動かして痛みを紛らわせるというようなことも
限界がありますし、
恐らく痛みがダイレクトに脳に伝わるのではないのでしょうか?
また、噛むたびに振動が骨転移に響き、
日常生活のほとんどを顎の痛みの中で生活しているものだと思われます。

裏を返せば、そんな痛みの中でたったひと言、ふた言だけで
顎の痛みについてのコメントを終わらせてしまう強さが、
麻央さんらしいのかもしれません。

 

麻央さん自身は今後のことについてあまり書きませんが、
姉の小林麻耶さんや夫の市川海老蔵さんが投稿したブログが少し意味深で
気になる内容のものとなっていました。
一体2人は何を書いたのでしょうか?

スポンサーリンク


小林麻央 顎転移からの余命について…迎えられない麻央の誕生日?

闘病中の小林麻央さんを献身的にサポートしている夫の市川海老蔵さん。
昨日まで仕事のため、京都へ行っていましたが、
東京へ戻ってきてからはすぐに最愛の麻央さんがいる自宅へ戻ったようです。

帰宅したタイミングがばっちりだったようで、
昼食を2人でとることが出来たみたいです。

その後、限られた時間の中でたくさん語り合ったと、
海老蔵さんは自身のブログで明かしてくれました。

コレデモカッテ!?ってくらい私がしゃべりまくり、

ました。

もちろん。

まおが良くなるための話を、

≪途中省略≫

わずかな時間でしたが、

妻のためになれたらと

色々しゃべりました。

[引用;市川海老蔵オフィシャルブログ ABKAI]

麻央さんと過ごせた時間がとても嬉しかったのか、
海老蔵さんのテンションの高さが垣間見えるブログとなっていました。

一方で、麻央さんの病状が良くなるようにと
考えを尽くして話しても、答えが見出せない難しさと葛藤している旨の内容も
投稿されていました。
何においても正解なんてないと分かっていつつも、
正解しなきゃいけない状況。
毎日はこれの繰り返しだと痛感しているようです。

一日でも麻央さんと一緒に居たいと想う、
海老蔵さんなりの愛情を感じてしましました。

 

麻央さんの看病を献身的に行っているのは海老蔵さんだけではありません。
実姉の小林麻耶さんも同じです。

麻耶さんは6月1日に
「6月スタート!」と題したブログにこんな内容を投稿していました。

私は、サポートに力を入れたいので
自分の時間をより濃密に出来るよう工夫したいと思っています。

[引用;小林麻耶オフィシャルブログ まや日記]

もちろん麻耶さんが言う”サポート”とは、
妹・麻央さんのことだと思われます。

在宅医療に切り替えたため、医療機関に入院していた時よりも
家族や、周りのサポートが必要になるのは周知の事実。
ですが、麻耶さんはその想像以上に”麻央さんと一緒に過ごす時間を作りたい”
という、気持ちの表れではないでしょうか?
私にはこの記事のこの部分がとても意味深に映りました。

 

麻央さんとのわずかな時間でもたくさん、たくさんお話をした海老蔵さん。
麻央さんのサポートにもっと時間をさけるように工夫すると宣言した麻耶さん。

それはまるで
”2人にとって大切な存在である麻央さんとの時間を惜しむかの如く…”

 

始まったばかりの6月。
ですが、麻央さんを取り巻く周りの人々は
長くて短い6月を過ごすことになるかもしれません。
それは麻央さんも然り。

7月21日、麻央さん35回目の誕生日をみんなでお祝いしたいですね。

スポンサーリンク


 
 

【関連記事】
小林麻央 退院が意味する余命!最期に最後の在宅医療!

小林麻央ブログ更新内容が深刻!想像以上の体力減退に危機!

小林麻央ブログ最新5月記事がヤバい!避けられぬ死への兆候!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. さくらん より:

    才色兼備でメインアナウンサーで活躍
    歌舞伎のプリンスに見初められ
    豪華絢爛な結婚式を挙げ、子宝にもすぐ
    恵まれて、正に順風満帆な人生。

    まさかこんな運命が待ち構えていたとは
    誰も思っていなかっただろう。
    幸せとは何なのか?真央さんを見てると
    考えてしまいます。
    奇跡が起きて欲しい。

    1. yagichan より:

      コメントありがとうございます。
       
      確かに麻央さんの人生はシンデレラストーリーのように感じる方も
      多いかもしれませんね。
      もちろん、芸能界にいる方なので、
      ”見せていない部分”はあると思いますが…。
      それでも、今までの活躍振りなど、
      表に出ている面では「順風満帆」と思ってしまいますね。
       
      本当にこんな運命が待っているなんて、
      誰も想像できませんでしたね。
      麻央さんの情報発信は本当に影響力があるので、
      健常者である私も感がえさせられることが沢山あります。
      奇跡は簡単に起きない事くらい、わかってはいますが、
      それでも”奇跡”を願ってしまいますね。

コメントを残す

*