倉持麟太郎弁護士 結婚したのは浮気相手!婚約不履行の過去を週刊文春が暴露!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

先週発売の週刊文春で山尾志桜里議員との
ダブル不倫が明らかとなった倉持弁護士。
14日発売の文春にて倉持氏が過去に
婚約不履行事件を起こしていました。
根っからの女好きがバレてしまった倉持氏、
今回のスクープ内容の概要について
まとめていきます。

スポンサーリンク


倉持麟太郎弁護士 結婚した嫁とはデキ婚!元カノには婚約不履行事件!

 
7日発売の週刊文春にて民進党前原新体制で幹事長就任目前だった
山尾志桜里議員のダブル不倫疑惑が報じられました。


[出典;山尾志桜里 公式サイト]

そのお相手が”イケメン弁護士”と称された、倉持麟太郎氏。


[出典;カナロコ]

お二方とも既婚者でありながら、
1週間の尾行で4日間もの逢瀬を重ねていたことが
週刊文春のスクープにて明らかになりました。
このダブル不倫疑惑については双方ともそのような事実はないと釈明しつつも、
山尾議員の釈明会見は記者からの質疑応答の時間もなく、
用意していた原稿をただ読むだけの場。
倉持氏もしどろもどろに文春記者からの取材に答えたのみで、
その後、報道各社の突撃取材には終始一貫、無言を貫くだけという、
なんとも歯切れの悪い後味で騒動の幕引きとなりそうでした。

 

しかし、14日発売の週刊文春がこのダブル不倫疑惑の続報となる
新たな証拠を手に入れたことを明らかにしました。

そして、なんと倉持氏の現在の奥さんは浮気相手疑惑が浮上したのです。

「若い頃から彼の女癖の悪さは有名でした。
かつて倉持氏には結婚を約束したAさんという女性がいた。交際期間は3年を超えていました」

2012年に弁護士登録した倉持氏だが、彼の下積み時代を支えていたのが婚約者のAさんだった。

「お金がない彼のためにお弁当を作ってあげたり、旅行の費用を出してあげていたと聞きました。
弁護士事務所開設の際には、その準備のため彼女が奔走していました。
その頃までには、お互いの両親に挨拶も済ませており、2人は結婚を前提に同棲生活をしていました」

だが2015年、倉持氏は突然の心変わりを見せたという。

「仕事が忙しいといっては、倉持氏は同棲中の自宅にあまり帰ってこなくなったのです。
結局、彼から別れを切り出し、婚約は破談。
実は、倉持氏は航空会社勤務の客室乗務員と浮気をしており、子供まで作っていたのです。
その女性と結婚するため、彼は婚約者のAさんを捨てたのです」

[引用;文春オンライン]

要は、結婚を前提にお付き合いをしていた女性とは別の女性と
デキちゃった結婚となった倉持氏。
当時から知人たちの中で倉持氏の”女癖の悪さ”が有名だったそうです。

山尾議員と連日逢瀬を重ねていた時も、
実は、倉持氏の奥さんは一過性の脳梗塞の前触れが出ており、
療養目的のため、お子さんを連れて実家に帰省させていたのです。
その間に自身は山尾氏と不倫。。。
余計に奥さんの病気が悪化しそうですね。

将来的には国政進出を目指していたとされる倉持氏。
今回のダブル不倫騒動、婚約不履行事件の過去が明るみになった今、
彼の将来のビジョンが変わることは間違いなさそうですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*