無痛分娩のリスクと痛みの実態!隠されたデメリットを紹介!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

厚生労働省の研究班は16日、無痛分娩時の急変に対応できる十分な体制を整える様、
対象の医療機関に緊急提言をしました。
女性なら必ず知っておきたい無痛分娩の実態と、
なぜ厚生労働省が緊急提言をする流れになったのかまとめてみました。

スポンサーリンク


無痛分娩とは何か?本当は痛みと闘う出産スタイルだった!?

厚生労働省のある研究班は2010年1月から2016年4月の期間に報告された
妊産婦死亡例298件を分析しました。
このうち、無痛分娩を行なって出産していた死亡例が13件(4%)であることがわかりました。

更にこの13件を分析していくと、
1件が無痛分娩時の鎮静剤による中毒症状によるもの、
残り12件が大量出血や羊水が血液中に入ることで引き起こる
羊水塞栓症が原因であることが判明しました。

近年では日本国内でも無痛分娩で出産する妊婦が増えてきており、
また無痛分娩に対応している産科もそれに伴い増えてきています。
これから無痛分娩で出産を迎える妊婦さんには少し心配な恐ろしいニュースとなりました。

日本ではまだ主流とは言い難い無痛分娩ですが、
欧米諸国ではもう無痛分娩での出産が主流となっています。

男性の方は特にイメージがわかないと思うので、ここで無痛分娩について少し書いていきますね。
“無痛分娩”と言いますが、全く痛みを伴わない出産方法ではありません。
これら、無痛分娩に限らず自然分娩や帝王切開にも言えることです。

つまり、
「痛くない出産方法なんてない!」
という事なんです。

ただ、どうしても分娩方法の名前が“無痛分娩”なんて言われると
痛くないことを期待してしまうのが人間の性です。

実際にはたくさんの鎮静剤を産婦さんに投与し、
“陣痛の痛みを和らげながら行う出産”の事を
無痛分娩と言っています。

もちろん、産婦さんの意識はありますし(多少は朦朧としているかもしれませんが)
しっかりといきんで産みます。
自力で出産する感覚がありながら、痛みが少ないということが
最大のメリットであり、魅力的な出産スタイルなんです。

一方、同じ出産スタイルでも自然分娩は
ほとんど鎮静剤を使用抄くことはないので、
とっても重たくて鈍い陣痛の痛みと
赤ちゃんが生まれてくる時のいわゆる「鼻からスイカ」の激痛と闘いながら
出産することになります。

やはり、痛いよりは痛くない方を選びたいものですよね。
では、今のところメリットしか見出せない無痛分娩の
本当に知っておきたいデメリットもちゃんと押さえておきましょう。

スポンサーリンク


無痛分娩はデメリットであるリスクが大!費用も統一されていなかった!

無痛分娩でのデメリットとして
”出産とは違う痛みに気付かない可能性がある”
という事があげられます。

例えば、自然分娩中に胸のあたりが痛くなったら
その場でお医者さんに自分の痛みを感じている現状を伝えられますが、
鎮静剤がとっても効いていて胸の痛みに本人が気付かなかったとしましょう。
誰が本当は胸が痛いことに気が付きますか?
心電図モニターに異変が起きたり、何かしらのシグナルが無い限り
恐らく看護師さんもお医者さんも気が付いてはくれませんよね。

これが大事に至らなければいいかもしれませんが、
どんなに医療が進歩しても”出産は命がけである”という事を
決して忘れてはいけませんよ!

次に、鎮静剤の効き方には個人差があるという事です。
やはり、どんなものにも”個人差”という感覚はつきものです。
効く効かないも然りですが、
耐えられる痛みの度数だって個人差があります。

やはり、鎮静剤を使うからと言って
全く痛みの心配がないわけではないという事を
心得ておかないといけませんね。

そして、コストの面も考えなければなりません。
出産そのものは「ケガや病気」に値しないため、
日本国民全員が加入している”健康保険”の適用にはなりません。

そのため、妊婦検診が自費になるのはご存知の方も多いかと思いますが、
出産そのものにかかる費用まで全て自分たちが支払うことになります。

例外として、母子いずれかの命に係わる際の緊急帝王切開は
保険診療になることがあります。

ですが、無痛分娩は完全に自費診療扱いになります。
自然分娩に比べ、鎮静剤を使用するため
その分のコストが余計にかかります。
また、鎮静剤を使うリスクも伴うため、
万が一に備えて鎮静剤とは別に医療機関は上乗せし分を
無痛分娩の料金として設定しているかと思います。

デメリットとしては以上が挙げられると思います。
次にリスクですが、
こちらに関しては因果関係がはっきりしないところがあり、
最初に挙げた13例も一概には無痛分娩が原因と言えないようです。

ただし、事実として
陣痛促進剤を使用したり、
赤ちゃんの頭を引っ張りながら出産させる”吸引分娩”が増えます。

そのために、万が一の緊急時に対応できる十分な体制を整えることを
厚生労働省は提唱しましたが、
お産は時間と場所を選ばないですし、
何よりも産科医の数が減っているというのも事実です。

緊急提言だけではなく、慢性的な産科医不足の改善も
産婦さんを守る大切な任務かもしれませんね。

スポンサーリンク


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*