中村獅童初期の肺腺がんで歌舞伎休演!喫煙じゃない肺腺癌の知られざる原因!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

歌舞伎界にショッキングなニュースが飛び込んできました。
歌舞伎俳優・中村獅童さん(44歳)が
初期の肺腺がんの為、6月・7月の公演を休演することが発表されました。
突如中村さんを襲った”肺腺がん”とは一体どんな病魔なのでしょうか?




中村獅童初期肺腺がんのため手術へ!定期健診が拾った命の重さ!

18日昼過ぎに、とても衝撃的なニュースが入ってきました。
歌舞伎俳優の中村獅童さん(44歳)が初期の肺腺がんと診断されました。
早々に手術を行う予定で、予定していた6月、7月の歌舞伎公演は休演が決まりました。

44歳という若さで肺腺がんを患った中村さん。
今回の発見は本当に奇跡ともいえるような状況でした。

毎年受けている”健康診断”で今回肺腺がんが発見されました。
後半に肺腺がんについて詳しく書きますが、
初期症状はなく、また煙草を吸わない人でも罹患するがんなため、
今回の初期の段階で発見できたのは本当に奇跡に近いと思います。
中村さん本人も健診を担当したお医者さんから
「この段階で見つかるのは奇跡」と言われたそうです。

人間ドックを毎年受けるようになったのも
2年前に“脳動脈瘤“と言う大病を患ったのが原因かもしれません。
44歳という年齢はまだまだ若く感じますが、
実際に医療の現場にいると40代から患者さんの層は厚くなるように感じます。
仕事のこと、大切な人のこと、病気で喪った師匠・親のことを想うと、
自分のカラダを大切にしなければいけないと考えるようになったのかもしれませんね。
これからの歌舞伎界を背負って立つ方ですからね。

そして、こちらが中村さん本人から各マスコミ宛に届いた
直筆ファックスコメント内容全文になります。

では、中村さんのプロフィールについて簡単にまとめてみます。

二代目 中村獅童
本名;小川 幹弘(おがわ みきひろ)
生年月日;1972年9月14日(44歳)
出身地;東京都

中村さんは歌舞伎俳優としてだけではなく、
俳優としても数多くの作品に出演されています。
気迫溢れる演技で定評がある俳優さんです。

2005年に公開された映画『いま、会いにゆきます』で共演した
女優の竹内結子さんと”できちゃった婚”をします。

2005年6月に入籍し、同年11月に長男誕生。
その後、2008年3月に離婚が成立します。
結婚生活は3年弱でしたが、
実際には竹内さんから2006年10月末に離婚届けが出されていたため、
ほとんど結婚生活を共にしていないという事になります。

1年半の協議の末、離婚となった中村さんですが、
5年間交際していた一般人の”沙織さん”と
2015年1月31日に再婚をします。

プライベートもこれからという矢先の出来事でした。
では、今回中村さんを蝕んだ”肺腺がん”とは一体どんな病気なのでしょうか?

スポンサーリンク


中村獅童を苦しめる肺腺がん!初期に発見できないと手遅れ!

中村さんが今回罹患した”肺腺がん”
一般的に言う”肺がん”と何が違うのでしょうか?

厳密に言うと”同じがん”なんです。
『”肺がん”という大きな括りの中に”肺腺がん”という分類がある』
という感じのイメージです。
つまり、肺がんとは”肺に出来る癌すべてのこと”を指しているわけですね。

で、肺腺がんの特徴としては
肺がん患者の約60%がこの”肺腺がん”に罹患しています。
煙草を吸っても吸わなくても肺腺がんに罹患してしまうため、
喫煙と肺腺がんの因果関係はあまりないと言われています。
男女比で見てみると”女性”の方が肺腺がんに罹患する確率が高いんです。
今や”肺がん=男性の病気”という事でもないんですね。

昨今の禁煙ブームでも肺がん患者が増えている背景には
この”肺腺がん”の罹患が関係しているとも言われています。

肺腺がんは気管支の末端(肺の抹消部)の好発しやすい癌です。
初期の段階では自覚症状がなく、
中村さんのように毎年健診を受けていても
必ず見つかるわけではないんです。

もしかしたら中村さんの場合、
奇跡的な早期発見に至った理由の一つに
「毎年同じ健診センターに行っていたため、
医師が過去のデータと比較できた」
という事も考えられそうです。

何でもかんでも健診すればいいのではなく、
きちんと自分の過去のデータが残っている健診センターに行くという事も
重要なポイントですね。

治療法としては手術療法をはじめ、
放射線治療、抗がん剤治療など
症状、進行度合いによってさまざまな治療選択が可能ながんです。

肺腺がんはステージ1で見つかれば5年生存率は約85%ほどと、
とても治療効果が現れやすい癌なんです。
中村さんの場合は手術で根治可能なほど早期に発見できたという事で、
5月生存率の確率がもう少し高いと思われます。

手術も恐らく肺の一部分切除をして根治を目指すんだと思います。

この2ヶ月はしっかりと療養の時間に充てて頂いて
また気迫ある勇ましい演技が見れる日を楽しみに待ちたいですね。

スポンサーリンク


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*