名寄市立総合病院薬剤盗難は誤報!ちょっと管理が苦手なだけ…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

今月7日、北海道名寄市にある
名寄市立総合病院内である薬剤が盗まれたと
病院側が発表しました。
しかし、6日経った今日になって病院はこの発言を撤回。
さらには、薬剤は盗難ではなく管理ミスだったと、
誤報であったことを発表しました。
一体院内では何が起こっていたのでしょうか?

スポンサーリンク


名寄市立総合病院で盗難は嘘!不祥事にまみれたことの発端!

 
前代未聞ともいえる病院での薬剤盗難誤報事件が起こりました。
ことの発端ともいる”薬剤盗難騒動”から
事件の概要についてまとめていきますね。

事件が発覚したのは6月7日。
北海道名寄市にある名寄市立総合病院で薬品が盗難される事件が起こりました。

今回の盗難事件で盗まれた薬品…
それは、毒薬指定にされている筋弛緩剤”エスラックス50㎎”でした。


[出典;Yahoo!ニュース]

この薬品は先ほども書いた通り、筋弛緩剤という事で、
麻酔をする時の筋弛緩や、気管挿管時の筋弛緩の際に使われる薬品です。

医療のことにあまり詳しくない方でも
「筋肉が緩む薬」と聞くと、
紛失したという事が如何に恐ろしいことがわかるかと思います。

しかも、エスラックス。
紛失したのはなんと”2本”だったのです!
「エスラックス50㎎バイアル2本分…」
それは、なんと成人6人分の致死量なんです。
そんな危険な薬品を名寄市立総合病院は紛失したと発表しました。

 

名寄市立総合病院によると、エスラックスは
手術室にある保冷庫で保管されていました。
もちろん、”毒薬”なので鍵付きの保冷庫です。
紛失前、薬の保管状況を最後に確認したのは午前7時でした。
その後、同日9時頃に紛失が発覚したため、
筋弛緩剤は、約2時間の間になくなったとみられていました。
紛失発覚後、病院は警察に”盗難被害届”を出しました。

この病院では医薬品の保管状況の確認は1日3回、看護師がしています。
薬品保冷庫の鍵は、壊された形跡はなかったということで、
警察は病院関係者が持ち出した可能性もあるとみて、
捜査を進めていました。

 

警察が盗難事件として捜査が着々と進める中、
13日、事件は急転直下で解決へと向かいました。

スポンサーリンク


名寄市立総合病院毒薬紛失は誤報!そんな単純ミスは許されない!

 
毒薬盗難事件が発覚後6日経った13日。
思わぬ方向で事件は解決しました。

なんと、病院側は突如こんなコメントを発表しました。

「筋弛緩剤の紛失は病院側の管理ミスで、
盗まれていなかった。」

えっ!?
ちょっとわが耳を疑うような…
そんな事件解決となりました。

更に病院側はこんなコメントも発表しました。

「職員の聞き取り調査などから当初、
警察に窃盗の被害届を提出していましたが、
本来、廃棄するはずの「使用済みの瓶」を、
未使用のものと一緒に、保冷庫に保管していたことによる管理ミスだと分かり、
被害届を取り消しました。」

[引用;Yahoo!ニュース]

って、すでに多くのオトナを巻き込んでますよ?
しかも相当世間、特にこの地域の人たちの心配をさせましたよ?
一体名寄市立総合病院では医薬品の管理をどんだけずさんに行っているのでしょうか?

 

とりあえず、解決の方向についてまとめてみると、
手術時に使用したエスラックスの”空き瓶”を破棄せず
鍵付きの保冷庫に再び保管。
未使用の物と混ざり、数が合わなくなった…。
という事ですね。

確かに、毒薬や劇薬などは一日数回、看護師や薬剤師が
残数と使用数が合致するかキチン管理するようになっていますが…
今回の事件は”それ以前の問題”ではないでしょうか?

さすがにネット上でも呆れ声が目立つかと思いまいたが…
そんな中でもこんな声を発見しました。

紛失の事実を隠蔽するよりはマシだなと思った。
こんなミスで世間をお騒がせして恥をかきましたし、いい薬になりましたね。

意外や意外。
紛失誤報に対する批判かと思いきや、
紛失誤報を隠蔽しなかったことに対しての賞賛!
まぁ、確かに病院側は隠そうと思えば隠し通すことも出来たかもしれませんよね。
”信用”回復に努めたい病院側の思惑と言うのがはっきりとしました。
病院が発表したコメントでも
「再発防止策を検討・実行すると共に、
公共医療機関として信頼の回復に努めてまいります。」
と、今は信頼回復を一番に考えているようですね。

 

幸いにも本当に筋弛緩剤が紛失しておらず、
この薬品を悪用して別のじけんが発生するという
最悪の事態は免れましたが、
それでも決してあってはならない盗難誤報事件。
またしても病院の医薬品管理の方法について考えさせられる事件となりましたね。

スポンサーリンク


 
 

【関連記事】

三条総合病院医療ミス患者死亡後発覚!ずさんな管理が露呈か?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*