おみくじの順番 大吉より凶の方が良い事が書いてある!結ぶ時も気を抜くな!

みなさんは神社仏閣に行ったら
お参りをして、授与所で御朱印やお守りを頂き…
最後の楽しみとして運だめしに
おみくじを引きませんか?
独身姫も大好きなおみくじなんですが、
正式な吉凶の順番ってご存知ですか?
そこで今回はおみくじの基礎知識について
ご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク


おみくじ 順番は神社ごとに違う!これじゃわからない良い運・悪い運!

 
「神様の眼前でくじを引くことで神意を正確に把握する行為」
これがおみくじの定義のようです。
きちんとした「神事」であることが分かりますよね。

一番良いのが「大吉」で・・・
一番悪いのが「凶」・・・?
おみくじを引くと何の気なしに運勢の良し悪しを自分なりに決めてしまっていませんか?
そもそもおみくじには何種類の運勢が書いてあるのか、みなさんはご存知ですか?

おみくじの種類に関しては、一般的に7種類の運勢で吉凶を表している所が多いそうです。
その7種類の内訳と順番ですがなんと、主流なものは2パターン。

大吉>吉>中吉>小吉>末吉>凶>大凶
大吉>中吉>小吉>吉>末吉>凶>大凶

この2パターンの順番と、種類を用いているおみくじが多いそうです。
と言われても、運だめしにおみくじを引いているのに
その”運”の順番が違うのでは困ってしまいますよね。
ですが、この種類と順番は全国の神社仏閣統一のものではないので
場所によっては書いていない種類の運勢や順番も前後することがよくあります。
所謂、おみくじあるあるってヤツ。
あくまでも基本知識として知るだけで
これからおみくじを引く楽しみ方が変わるかもしれませよ!

 

ひと言に”おみくじ”と言っても、皆さんが知ってる7種類の運勢だけではないんです。
京都にある城南宮。

こちらの神社は京都五社のうちの一社で、とても大きな神社なんですが、
おみくじの運勢が少し難しいんです。
引いたのは独紙姫ではなく、独身姫sister。

出たのは…「吉凶交交」
読めなーい!
ってツッコミたくなるおみくじですが、この運勢は「きっきょうこもごも」

独身姫sisterは写真を撮らずに結んでしまったため、
Twitterで写真を探しました。。。
これと全く同じおみくじを引いたんですね。
独身姫両親でさえ見たことない、幻のおみくじですね。

読んで字のごとく、運勢的には
「良いこと(吉)と悪いこと(凶)が両方やってくる」
という運勢でした。
さすがに先ほど書いた順番の中にこの運勢は組み込めないので
立ち位置については今も謎なままです。
ですがそれがある種、おみくじの奥ゆかしさなのかもしれないですね。

スポンサーリンク


おみくじの順番よりも割合が気になる!浅草寺は末小吉が一番少なくてレア!?

 
おみくじの順番も気になりますが、「運勢の割合」も気になりませんか?
無類のおみくじ好きである独身姫は神社仏閣へお邪魔する度におみくじを引くのですが…
(月に2~3回、多い時には10回くらいの頻度です!)
意外にも”凶”や”大凶”が出ない!
と言う事でインターネットでおみくじに入っている運勢の割合を調べてみました。

すると、場所によって入っている運勢の割合が違う事がわかりました。
まずは、その中でも平均的は比率から見ていきましょう。

大吉:20%前後
中吉:8%
小吉:13%
吉:28%
末吉:15%
凶:13%
大凶:1%

「大凶」に関してはあえて入れていないところもあるそうです。
ですが、大凶を引くことは
大吉を引くより至難の業ですね。
とってもレアなおみくじということが分かりますね。

”凶=最悪・一番悪い運勢”というイメージが強いですが
実は「一番いい運勢」という見方もあるんです。
大吉よりもいいことが書いてあるかもしれないので
「大凶」を引いても落ち込まず、内容をしっかりと最後まで読まないといけませんね。

というのも、くじを引いた時点で「凶・大凶」であれば、
引いたその時が一番よろしくない運勢。
とうことは、ここからの運勢は「上昇」するしか残された道はない
っていうことなんです!
むしろ、大吉の方が「下降」の一途を辿る
という意味で「戒め」のおみくじだったりするんですよ。
そう思えば、先ほどの比率も大凶が全体の1%しか入ってない事にも納得ですね。

 

一方で、凶の方が入っている比率が高い場所もあります。
それが、東京・浅草にある「浅草寺」のおみくじ。
こちら比率は…

大吉:17%
吉:35%
末吉:6%
末小吉:3%
小吉:4%
半吉:5%
凶:30%

レア度でいけば”末小吉”ですが、
一番運勢のいい大吉と少しガッカリ気分になってしまう凶を比べてみると、
大吉の約倍、凶の方が多く入っていますね、
とは言っても、大吉の割合も十分高い浅草寺。
独身姫はまだ参拝に伺えていないのですが、
独身姫sisterと独身姫motherが浅草寺にお参りに行った際、
しっかりと”凶”を引いていました…独身姫sisiterが。
おみくじ運だけ見るとまだまだ精進が必要なようですね。。。

ちなみに、浅草寺のおみくじは”凶がたくさん出る”事で有名なんですよ。

 

さて、おみくじを引くと書いてあるのは運勢だけではないですよね。
こんな風に”番号”も書いてるおみくじを見たことはありませんか?

筒に入ったおみくじシャカシャカ振って引くパターンのモノは
巫女さんに「〇番のおみくじ」と番号を伝えますよね?
この番号も多くのおみくじで用いられているものなんですが、
一体この番号は何番まであるのかみなさんご存知ですか?

こちらも寺社によってまちまちなので一概にとは言えませんが、
一般的に一番多く用いられているものでは「99番」まであります。
そして、おみくじ第1番は「大吉」で第99番も「大吉」であることが多いです。
また「第8番~第13番まで大吉が続いている」というのも
なかなかオモシロ雑学ではありませんか?

一般的に全体の20%前後が大吉とされているおみくじですが、
「第一番 大吉」は良くないとされています。
理由は書いてある内容。
なんとこの「第一番 大吉」を引くと
”生死、死すべし”って書いてるそうです。
ぜんっぜん”大吉”じゃない!って感じですね。
なんとなく「第一番 大吉」を引いたら
いいことが書いてありそうな雰囲気がしますよね。

最近では神社・仏閣めぐりブームもあり
マスコット付きみくじや、根付ストラップ付みくじなど
オリジナリティあふれるおみくじもたくさんあるんです。
運だめしだけでなく、マスコットを集めるのも楽しいかもしれませんね。

 

散々ここまで運勢の比率だの、順番だの書いてきましたが、
ひとつ心に留めておいていただきたいことがあります。
それは・・・

「おみくじは神様・仏様からの大切なお言葉、助言である」

おみくじの良し悪しで一喜一憂するのではなく、
「おみくじのお言葉を聞いて自らの手で人生をより良い方向へ舵をきる」
と言う事を大切にして頂きたいと思います。

せっかくここまでお読みいただいた読者様には
おみくじ引いて、神様・仏様からよりよい人生のお導きを受けて頂きたいなと思います。
神様・仏様のお言葉に耳を傾けたらステキな人生が待っているかも・・・
しれませんよ^^

スポンサーリンク


おみくじ 結ぶ時に気を付けることは?独身姫流おみくじむすび伝授!

 
最後におまけで…
みなさんはおみくじを引いたら結んで帰りますか?
それとも持って帰りますか?

こちらに関しても特段決まりはなく、寺社によっても変わってきます。
よく言われるのは
「大吉は持って帰って、それ以外は結んで帰る」とかとか。
茨城県にある出雲大社常陸分社のおみくじには
「引いたおみくじは1年間持っておきましょう」
なんて書いてあるんですよ。

しかし!
1年後にしても、その場にしても、いずれ結ぶ日がやってくる…
と言う事で、独身姫流おみくじむすびを伝授しちゃいます!
普通に結ぶだけなんですが、一応、こだわりをもってやってます。

まず、引いたおみくじをしっかりと読む。
そして、縦方向に三つ折りにする。
慣れるまでは結構難しいんです、この作業。。。

三つ折りに出来たら更に半分に折る。
この時のポイントは、より細くて固くなるように折ること!
紙質や幅によっては工夫して更に折ってもよし。

最後にしっかりと固く結ぶ。
ゆるっゆるではダメです!
しっかりと、固く結びましょうね。
そして、おみくじに一礼。
「神様のありがたいお言葉ありがとうございました」と言う
感謝の気持ちを忘れずに!

 

一見、普通に結んでいるだけのようにも見えますが、
重要なことは「固く結ぶ」
おみくじに書かれていた良い事が”堅く結ばれますように”という想いを込める意味で
とにかく固く、固く結びます。
その甲斐あってか、独身姫はとてもHappyつづき。
もちろん、良いことばっかりな人生っていう訳ではありませんが、
自分のチカラだけではどうにもならないような重大な事は起きていません。

みなさんもおみくじを引いた際はぜひ”固く”結んでみて下さいね^^

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です