京都最強パワースポット!五社巡りで強力パワーを手に入れよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

京都に行くと寺社仏閣が多くてどこを回ったらいいか分からなくありませんか?
そんなときにおすすめなのが今日ご紹介する
「京都五社めぐり」
おすすめな理由はいくつかあります。

・「東西南北」京都市を全部回れる
・専用色紙に御朱印を頂いていく達成感を味わえる
・ちょっと苦労するところがいい旅の思い出になる

などなどとりあえず簡単に3つ書いてみましたが、
最近、巷では「御朱印ブーム」もあるくらいですので、まさに「トレンディー」ですよ☆
早速、五社めぐりの概要について簡単に書いていきますね!

スポンサーリンク


京都観光には持ってこい!東西南北にある選ばれし「五社」はどこなのか?

数ある神社の中から選ばれた五社。
それは一体どこなのか気になりませんか?

「賀茂別雷神社」(通称:上加茂神社)
「八坂神社」
「城南宮」
「松尾大社」
「平安神宮」

この五社をめぐっていきます。
さて「なぜこの五社をめぐるのでしょうか?」
大前提として知っておきたい知識ですね。

まずはこちらの写真を見てみてください。

主題に「京都五社めぐり」
大事なのは副題「四神相応(しじんそうおう)の京(みやこ)」
この副題に入っている「四神相応」をめぐるのがこの「五社めぐり」なんです。

一つ謎が解けるとまた一つ謎が出てきませんか?

「そもそも、四神相応って何?」

次に出てくる疑問はこれではないですか?
この四神相応は聞き馴染みのない言葉ですが、歴史を勉強していく上で
とても重要なポイントになっています。

「四神」というくらいなので「神が四つ・・・」
そんなイメージはなんとなく沸くと思いますが、どこに何が四つなのかが大事なところです。

風水学において4つの方位(東西南北)に神獣と呼ばれる「神」を置くことにより
その中心(都)の和平を保つという地相術のことです。

では早速これを「京都五社めぐり」に当てはめてみましょう。
4つの方位
東:八坂神社(京都市東山区)
西:松尾大社(京都市西京区)
南:城南宮(京都市伏見区)
北:賀茂別雷神社(京都市北区)
その中心
都:平安神宮(京都市西京区)
平安神宮は平安京ととっても所縁のある場所ですからこの四神相応の考えと合致しますね。

余談ですが、この四神相応は平城京、藤原京、そして東京にもあてはまる地相学なんです!

さぁ、ここでまた新たな疑問が出てきましたよね?

「4つの方位に置かれた神獣って何?」

神獣とは守り神のことで、それぞれの方位を守ってくれています。
簡単に四神をご紹介しますね。

玄武:げんぶ。角は北。地相学では丘や山など高いところを指します。
   神獣は手足の長い亀(すっぽん位クビは長いです)に蛇が巻き付いているようなもの。
  
青龍:せいりゅう。方角は東。地相学では川を指します。
   神獣は読んで字のごとく青い龍。

朱雀:すざく。方角は南。地相学では池・沼・湖・平野を指します。
   神獣は「朱色の雀」と言いたいとこですが、朱色の鳳凰のような立派な羽の鳥。

白虎:びゃっこ。方角は西。地相学では大きな道を指します。
   神獣は白い虎。西と東は字の通りですね。

それぞれの神獣に方角が決められていますが必ずしも「北に山がある」なんて
都合のいい土地ばかりでもないですよね。
四神相応はあくまでも「地相学」なのでそれぞれの地形に合わせて
神獣を当てはめていきます。
方角よりも地相学の方を重視してそれぞれ当てはめていくんですね!

では、いろいろ基礎知識を書いていきましたが、最後にがんばって集めると何が起きるのか⁉
それは、こちら!

一番最後の神社で「満願成就のしおり」がいただけます。
各々の願いを5社めぐりながらそれぞれの神社で御祈願すれば、きっと願い事も叶いそうな気がしますね!
ちなみにこのしおり、よーく見てください。
「一番下に干支」が描いてあるんです!
このしおりも干支をコンプリートしようと思うと「12年」かかりますね・・・
超コアなコレクターさんならきっと達成することが出来るかもしれませんよ!

スポンサーリンク


京都五社めぐりは参拝順が大事!?混雑具合にムラがあった!

どうしても中心地に近い場所は日中の時間帯が混んでしまいます。
そこでおすすめの参拝順をご紹介します。

どうしてもこの五社だと「平安神宮」と「八坂神社」が混みます。
なので私的には・・・

①8:30朱印受付開始の「平安神宮」
②9:00朱印受付開始の「八坂神社」
場所も近いのでこの2箇所は朝イチで制覇したいところです。
八坂神社に関して言えば朝イチに行くと
枚数限定の「青龍の御朱印」も別に頂くことが出来ます。

③意外と交通の便が難点!?「城南宮」
④朱印受付終了16:30の「松尾大社」
⑤朱印受付終了17:00の「賀茂別雷神社」
この3社は中心地から少し離れていることもあり、日中でも割と落ち着いて観光できます。
その分、移動時間も取られてしまうので一日でコンプリートしようとなると、少し他の観光に時間を割くのは難しいかもしれませんね。

五社のアクセス

≪都≫平安神宮
住所;京都市左京区岡崎西天王町
電話番号;075-761-0221 
朱印;8:30~18:00
アクセス;【自家用車の場合】
駐車場なし(近くに公営の駐車場があるのでしましょう)
【電車・バスの場合】
最寄りのバス停等が多いので
公式ホームページで確認してみてください!
公式HPはこちら

≪朱雀・南≫城南宮
住所;京都市伏見区中島鳥羽離宮町7
電話番号;075-623-0846
朱印;9:00~17:30
アクセス;【電車の場合】
市営地下鉄 竹田駅下車 徒歩15分
近鉄電車 竹田駅下車 徒歩15分
【バスの場合】
市バス 城南宮前下車 徒歩1分
    城南宮下車 徒歩2分
    城南宮道下車 徒歩2分
【自家用車の場合】
駐車場あり
公式HPはこちら

≪白虎・西≫松尾大社
住所;京都市西京区嵐山宮町3
電話番号;075-871-5016
朱印8:30~16:30
アクセス;【電車の場合】
阪急電車 松尾大社駅下車 徒歩3分
【バスの場合】
市バス 松尾大社前下車 徒歩3分
【自家用車の場合】
駐車場あり
公式HPはこちら

≪青龍・東≫八坂神社
住所;京都市東山区祇園町北側
電話番号;075-561-6155
朱印;9:00~17:00
アクセス;【電車の場合】
京阪本線 祇園四条駅下車 徒歩5分
阪急電車 河原町駅下車 徒歩8分
【バスの場合】
市バス 祇園下車 徒歩すぐ
【自家用車の場合】
駐車場なし(近隣の公営またはコインパーキングを使用)
公式HPはこちら

☆八坂神社の詳細についてはぜひこちらの記事も併せてご御覧ください☆

≪玄武・北≫賀茂別雷神社
住所;京都市北区上賀茂本山339
電話番号;075-781-0011
朱印;9:00~17:00
アクセス;【バスの場合】
市バス 御薗口町下車 徒歩3分
    上加茂御薗橋下車 徒歩3分
【自家用車の場合】
駐車場あり
公式HPはこちら

≪松尾大社公式ホームページより≫
京都五社めぐりFDP資料はこちら

スポンサーリンク


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*