スタバ新作 2月はさくらといちごがドッキング!味覚で楽しむ春の訪れ!

バレンタインも終わり、スタバには早くも
春の訪れを告げるフレーバーが発売になりました。
2月15日から期間限定で発売となったのは
さくらストロベリーピンクもちフラペチーノ。
大人気さくらといちご味がコラボするなんて…
今回も発売日当日の朝イチにスタバへ行ってきました。

スポンサーリンク


スタバ新作 2月はさくらといちごで店内はピンク色!朝イチでも大行列のナゾ!

 
さぁ、バレンタインのチョコレート一色が14日で終わり、
スタバも店内は一気に春の訪れを感じさせるピンク色。
フードもドリンクも一気に春色に変わりました。

春の訪れを告げる味覚と言えば、桜。
少し前までは”桜=和菓子”というイメージもありましたが、
今では和菓子・洋菓子関係なく、さくら味のスイーツがたくさん発売されますね。
先陣を切ってさくら味の新メニューを発売したのはスターバックス。
毎年、必ず発売されるスタバの定番シーズンフレーバーですが、
今年はなんと”いちご”とコラボしたドリンクを発売。

さくら味のスイーツが大好きな独身姫。
いちごが大好きな独身姫。
これは朝イチでスタバに行かない理由がないと思い、早速朝7時のスタバへ。

 

7時開店の店舗に7:05頃着いたのですが…
もう6人程、レジにならんでる!!!
思わぬロスタイム…。
そして、店内にはすでに買い物を終えた人もチラホラ。
その人たちを見てみると、両手にでっかいスタバの紙袋が。

そうです、みなさん、新作メニューを味わいたくて朝イチスタバをしているのではなく、
同じく今日から発売の新作のグッズを求めて、
爆買いヤーたちがレジに列をなしていたのです。
こんな光景は初めてでしたが、確かに桜モチーフのグッズはピンク色でかわいい。
そして、何となく暗いイメージの冬から一転、
明るい気持ちにさえしてくれる、そんなグッズばかり店頭に並んでいました。
そりゃ、欲しくなっちゃいますよね。

ちなみに、どこの店舗の開店と同時にグッズを購入する人たちでごった返しているようです。
そして、スタバオンラインのサーバーは6時頃から落ちていて、
全くアクセス出来ない状況なんだとか。
恐るべし、スタバさくらグッズ。

いつもはたくさんお喋りをしてくれる店員さんでも、
慌ただしさ故に、心なしか殺伐とした雰囲気。
”今日はお話する時間はなさそうだな…”
と思いながら、レジへ。。。

スポンサーリンク


スタバの新作 2月のさくらはやっぱり華やか!独身姫の味レポ!

 
さすがにレジ担当の店員さんとお話する時間はありませんでしたが、
ドリンクお渡し口の店員さんと少しお話しすることができました。

ス「お客様もさくらのフラペチーノでご用意しておりま~す」

独「はい」

ス「これ、本当にさくらもちを食べてるみたいな味なんですよ~」

独「へぇ~!楽しみです」

ス「たぶん、驚くかもしれないです。笑
  ぜひ、さくらもちを感じながら楽しんでくださいね~」

独「わかりました。ありがとうございます」

私の前に居た20代半ばの男性も同じくさくらフラペチーノを注文していましたが、
その時は…全く雑談なんてありませんでした。
独身姫が鋭い目つきで作っている姿を凝視しすぎたから
声を掛けていただけたのでしょうか。

 

何はともあれ、こちらが2018年Ver.のさくらフラペチーノです。


さくらストロベリーピンクもちフラペチーノ Tall ¥626(税込み)

中には道明寺を彷彿とさせるもちペーストがたっぷりとはいっています。


ホイップクリームの上にはさくらチョコフレークとホワイトチョコフレークが
これまた、たっぷりとトッピングされていました。
その上にはさくらソースが。
より一層、鮮やかな色合いに仕上がりますね。

見た目を楽しんだら早速いただきます。
うん、甘い。
さくら味のドリンクは毎回甘く感じますが、それは今年も健在。
しかし、例年のさくらドリンクに比べると、
甘さは少し抑えられ、幾分飲みやすくなった印象です。
だからと言って、味がぼやける訳でもなく、
むしろ、例年よりもさくらの味がはっきりとした印象です。

フラペチーノを口に含むと、一気に広がるのはさくらの香り。
フラペチーノもソースもさくらベースなので、とても香りは強く感じます。
また、フラペチーノの中には桜の葉を細かく刻んだものが入っており、
桜の葉の香りも楽しむことができます。
後味はもったりすることなく、意外にもすっきりといただけます。
そして、さくらの味わいがなくなるころに優しく顔を出すいちごの香り。
いちごはめちゃくちゃ印象が強いわけではなく、
あくまでもさくらのサポート役。
最後にいちごの香りを少しばかり楽しめるのがポイントです。

そして、なんと言っても今回多くの方が気になっているのは
”さくらもち”の存在ではないでしょうか。
こちらは、店員さんも行っていた通り、しっかりとさくらもち。
イメージとしては、道明寺粉をすっごくふやかしたものが入っているような感じです。
実際に、恐らく道明寺粉を使用しているようにも感じます。

道明寺がピンとこない方、こちらが道明寺粉を使った桜餅です。

つぶつぶとした食感がクセになる和菓子ですね。
フラペチーノの中に、このつぶつぶがペースト状になって入っている感じですよ。

今回のフラペチーノには餡子が入っていないため、
洋風のさくらもちを食べているような印象でした。
甘さも、餡子の甘さではなく、シロップの甘さ。
日本古来の味がここまで洋風に変身するのか…と、感心しきりでした。

さくらもちが好きな方には恐らくハマるドリンクだと思います!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です