小児医療センター診療報酬請求放置!埼玉県に2800万円の損失!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

埼玉県民の誰もが信じたくないニュースが入ってきました。
県立小児医療センターで発生した診療報酬
約2800万円が請求放置されていたことがわかりました。
請求を放置した男性職員の処分が何とも激甘!
一連の騒動とは一体どんなものなのでしょうか?

スポンサーリンク


県立小児医療センターの損害は県の責任?税金を払っても足りなくなる実情!

 
埼玉県民の怒りが爆発しそうな事件が起こりました。
今回事件が起こったのは”埼玉県立小児医療センター”です。

多くの子供の命を救う”埼玉県立小児医療センター”。
そこで起きた信じがたい事件の概要についてまとめていきますね。

 

埼玉県病院局経営管理課の発表によると、
県立小児医療センター事務局の男性主査(48歳)が
2012年から2013年までの1年間で発生した、
診療報酬の請求21件、約2800万円分のを未処理のまま放置していたとの事です。

診療報酬の請求の時効は3年間となっており、
すでにこの21件分の請求は時効となり、
請求不能となりました。

このことにより、請求不能となった約2800万円分の診療費は
病院を管轄している埼玉県の負担となってしまう見通しです。

一連の騒動により、埼玉県は男性主査を16日付けで
停職6か月の懲戒処分としました。
…県に2800万円もの損失を与えておいて、
定職6か月の懲戒処分なんて、甘すぎませんか?
県民が汗水たらして働いて…
頑張った県民が支払った税金を何だと思っているんでしょうか?

また男性主査と他に、管理監督者の当時の小児医療センター病院長や
事務局長など4人を訓告や戒告処分も決まりました。

やっぱり処分が甘い!
事件の重大さがわかっていないのでしょうか?
埼玉県民は泣き寝入りするしか…方法はなさそうです。

 

今回騒動となった”診療報酬”ですが、
患者さん・病院・お金の流れがどうなっているのか、
簡単にまとめていきますね。

スポンサーリンク


県立小児医療センターが請求しなかった診療報酬!2800万円の損害は如何にして発生?

 
今回、約2800万円もの損失を受けた埼玉県。
通常なら一体どのような流れで診療費が動いているのでしょうか?
そこには被害額が2800万円も上ったカラクリがありました。

 

そもそも日本は”国民皆保険制度”というのが設けられています。
すごっく難しい表現をしていますが、
簡単に言うと…
”国民全員が健康保険に加入する”といったもの。
その証に”保険証”と言うものが交付されます。
みなさんも保険証と聞けば”あっ!”って思いますよね?

 

で、保険証を持っていると何の為になるのか…
それは、病院に受診した際の窓口負担額が
”被保険者(患者)の負担割合分のみで済む”んです。

例えば、診察・検査・治療で総額10000円発生したとします。
しかし、保険証を持っていると窓口では3000円の支払いのみで済みます。
(一般的な負担割合3割で計算しています。)

しかし、病院としては10000万円の診療行為に対して、
3000円しか回収できていません。
7000円…損!!!

そこで、登場するのが”診療報酬請求書”というものです。
これを通称;レセプトって言っています。
このレセプト、イメージとしては”金券”と思って下さい。
今回の場合、レセプト1枚7000円!

このレセプトは毎月10日までに”保険者”というところに請求をかけます。
保険者とは、それぞれの保険証を発行している大元のことです。

今回はこの”保険者にレセプト請求するものを放置した”事件だったのです。

保険者は全国の医療機関から受けとったレセプトをきっちりと審査し、
請求に不備が無いと認められると
医療機関に残りの金額(今回は7000円)が支払われます。

これが簡単な診療費の流れになっています。

 

で、今回なぜ2800万円という大金になってしまったのか…
それは、”小児医療センター”ということが関係していると考えられます。

まず、そもそもの診療行為の単価が高い。
専門的な治療が必要な子供が集まる小児医療センター。
そこでの診療費は一般的な病院に比べて単価が高くなってしまいます。
今回、21件2800万円と言うことは、
1人あたり、1月約130万円の診療費がかかっているという計算になります。

そして、もうひとつ。
患者が”小児”という事で窓口負担額がほとんどなかった。
現在の日本ではほとんどの自治体が
未就学児以下の子供の医療費が助成されます。
そうすると、実際の窓口負担額よりも断然低い金額か、
若しくは窓口負担0円という事になります。

つまり…
今回の事件は損失となった2800万円は
そのほぼ全てが埼玉県、またその自治体の負担とってしまうのです。

 

やはり、男性主査が犯した罪は大きい。。。
なぜ、停職半年の懲戒処分で済んだのか…
謎は深まるばかりです。。。。

スポンサーリンク


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*