高梨沙羅 愛車は高級ベンツ!かわいいのにギャラは超高給でマスコミに嫌われる!

スキージャンプの女王・高梨沙羅選手。
W杯では史上最多の54勝まであと一歩のところで
足踏み状態が続き、迎える平昌五輪。
金メダル候補である高梨選手ですが、
彼女のことを調べてみると
愛車がベンツという気になる情報が。
高梨選手のプロフィールを中心に
気になるウワサ情報をまとめていきます。

スポンサーリンク


高梨沙羅 愛車がベンツとバレる!?ばっちりメイクは一体なんのため?

 
スキージャンプ史上最多勝利54勝目前の高梨沙羅選手。
2017-18年シーズンは本来の高梨選手のジャンプがなかなかできず、
最多勝利がお預け状態のまま、スポーツの祭典・オリンピックを迎えましたが、
それでも彼女にかかるメダルへの期待は大きいですね。
今回はメダル候補の一人である高梨選手にまつわるウワサについて検証していきたいと思います。

まずは簡単なプロフィールをご紹介。


[出典;高梨沙羅 公式サイト]

氏名;高梨沙羅(たかなし・さら)
生年月日;1996年10月8日(平昌五輪出場時、21歳)
出身;北海道上川郡上川町
職業;大学生(日本体育大学)
身長;152cm
所属クラブ;クラレ
ヘルメット;UVEX
ゴーグル;Oakley
ウェア;ナイキ
スキー板;Slatnar
ワンピース;ミズノ

高梨選手がジャンプを始めたのは小学校2年生の時。
しかし、この時はまだ本格的なスキージャンプではなく、
アルペン用スキーでジャンプをやっていました。

そんな彼女が本格的に取り組むようになったのは
テレビで観た山田いずみ選手や渡瀬あゆみ選手が飛ぶ姿を見たことがきっかけでした。

[山田いずみさん 出典;サンケイスポーツ]

[渡瀬あゆみさん 出典;www.ski-japan.or.jp]

2008年、テレビで飛んでいる先輩方の姿に魅了され、
8歳で地元のジャンプ少年団に入りました。
まさに、スキージャンプの天才・高梨沙羅が誕生した瞬間ですね。

彼女の名を一躍有名にしたのは2010-11年シーズンに行われた
コンチネンタルカップでした。
2011年2月19日にオーストリアで行われた試合で優勝。
国際スキー連盟公認大会での女子選手史上最年少優勝を記録しました。
当時、高梨選手は13歳。
勢いづいた高梨選手は翌20日に行われた大会でも優勝し、
早くも2勝目をあげました。

2月25日にはノルウェー・オスロで行われた世界選手権に初出場し、
6位入賞という輝かしい成績を残しています。

シーズンを重ねるごとに高梨選手はみるみるうちに頭角を現し、
勝利を重ねていきます。
そして、ついに2016-17年シーズンにW杯史上最多勝利53勝に並ぶ快挙を成し遂げます。

今シーズン開幕前から、W杯最多勝利更新に期待がかかりましたが、
平昌五輪出場前までに達成することはできませんでした。
いくら天才少女と言えど、計り知れないプレッシャーが
高梨選手を襲っていたのでしょう。

今シーズン未勝利のまま、4年に1度の大事な戦い、
平昌五輪へ向かいました。
前回大会であるソチ五輪では高梨選手のメダル獲得、
もっと言うと、金メダル獲得に大いに期待が寄せられましたが、無念の4位。
インタビューで涙を流す姿に心が打たれましたね。

 

高校を卒業したころから、メイクにも力を入れ、
今ではばっちりメイクでも有名になりました。

[出典;VICTORY]

このメイクについて賛否両論あるようですが、当の本人は全く気にしていない様子。
以前放送されたテレビのインタビューでは
「メイクをすることによって、自分の中でスイッチを切り替えることが出来る。
メイクが(ジャンプに対する)オン・オフのスイッチになっている」
と、ばっちりメイクをし続ける理由について語ってくれていました。

人それぞれ、スイッチの入れ方は違いますが、
高梨選手のスイッチがばっちりメイクとは、少し意外でした。

そして、彼女にまつわることで世間がザワついていることがあります。
それが…”愛車がベンツ”
一体これはどうゆうことなのでしょうか?

スポンサーリンク


高梨沙羅 愛車が高級よりもギャラが高給で嫌われる!?インタビューにもギャラ発生!

 
このウワサは主にネット上で広まっているようで、
事の発端はこのフリーペーパーでした。

[出典;NEVERまとめ]

このページだけではわからない方も多いと思いますので、
補足させていただくと、ベンツ購入者(メルセデスオーナー)に、
販売会社が季節ごとに発行し、無料で配布している”メルセデス・ベンツ・マガジン”なるもの。
このフリーペーパーに高梨選手が掲載されたことがきっかけで
「高梨沙羅が若いのにベンツのしかも高級車に乗ってる」と、
瞬く間にウワサが広がったのです。

世間がザワついた理由として、
”21歳でこんな高級車に乗るのはどうなのか?”
という、疑念を抱く声が多いようです。

それもそのはず、高梨選手の愛車であるベンツは、フリーペーパーにも掲載されている
ゴツゴツの所謂”オフロードカー”なんです。
21歳の女性が乗るにはかなり厳ついような気もしますね。

で、この車の見た目と沙羅ちゃんの雰囲気が合っていないからザワついているのではなく、
この車の価格がとてつもなく高級だから。

高梨選手の愛車は”Mercedes-AMG G 63”という車種。
で、この車体価格は何もオプションをつけなくても1971万円!
もちろん、オプションをつければ2000万円以上もする超・超・超高級車。
見た目以上に、このお値段が21歳が持つ車に相応しくないと言われる所以のようです。

[出典;メルセデスベンツ]

高梨選手はドライブが趣味なようで、
運転することでリフレッシュできるんだとか。
事実、この車を運転して練習場に現れるそうです。
練習も積雪の多いところで行うことが多いのは紛れもない事実ですが、
やはり、これを知ってしまうと、高梨選手に抱く印象と言うのもは
少なからず変わってしまう…気がしますね。

 

スキージャンプの選手なら賞金が多くてそんな高級車を買う事くらい普通なんじゃない?
と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、
スキージャンプでシーズンを通して行われるW杯で優勝しても3000スイスフラン。
為替の変動もありますが、日本円にすると1勝につき約35万円。
余談になりますが、男子になると賞金額は上がり、10000スイスフラン。
日本円にして約117万円。

いずれにしても、潤沢な賞金額とは言い難い額しか支給されないようです。
W杯は年間19戦、それに加えて世界選手権が1試合あるため、
年間20戦として、仮に全試合優勝したとしても賞金額は700万円。
会社員であれば、中間管理職の年収と同じくらいでしょうか。
易々と高級車・ベンツを購入できるような賞金額ではないことがわかりますね。

では、高梨選手はどのようにして高級車・ベンツのオーナーになることが出来たのでしょうか。
それはやはり、スポンサー契約が大きく関係していると思われます。
先ほど高梨選手のプロフィールを書きましたが、
そこに着用ウェアのスポンサーを記載しました。
彼女の場合、ウェアだけでも5社と契約しています。
さらに、スキー板や、帽子、ウェアに貼っているワッペンを見ても分かる通り、
ウェアとは関係ないスポンサーとも契約をしています。
加えて、所属クラブとの契約内容によっては会社員と同じように
月々の給料が支払われる可能性があります。

これだけ多くのスポンサーと契約を結んでいれば、
2000万円超えの高級車を購入するのもさほど難しくないのかもしれません。

 

そして、スポーツ担当記者の間でまことしやかに囁かれているウワサもありました。
「インタビュー時にギャラが発生する」というウワサ。
このウワサは2014年のソチ五輪後のころから広まっているそうです。
すでに業界人の間では周知の事実のように扱われているようです。

と言うのも、当時まだ10代だった高梨選手でしたが、
ソチ五輪で勝てなくても、次の平昌五輪に出場することはほぼ確実なので、
各社とも4年後の活躍を見据えて番記者を付けたそうです。
すると、高梨選手サイドが取材しようとした記者に
『ギャラいくら?』と聞いてきたんだとか。
それも、1社だけではなく複数のスポーツ紙が聞かれたそうです。

ギャラの兼ね合いもあってか、ニュース番組のスポーツコーナーでは
あまり高梨選手のインタビューが流れないような気がします。

 

高梨選手についてネットで調べるとあまり良い話が出てこず、
悲しい気持ちになってしまいましたが、あくまでも彼女はスポーツ選手。
素晴らしい結果を出して、世間のウワサを一蹴して頂きたいですね。
スポーツ選手として、彼女の今後の活躍に注目していきたいと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です