ウィリアムソン師円 父もイケメンすぎる!平昌五輪で輝きを放つスピードスター!

好成績を収める女子スピードスケート。
実は男子も実力派揃いで、メダル獲得の期待が寄せられています。
中でも、ウィリアムソン師円選手は実力もさることながら
イケメンすぎるビジュアルにも注目が集まっています。
彼の父もイケメンという事で、早速情報をまとめていきます。

スポンサーリンク


ウィリアムソン師円がイケメンすぎる(画像あり)!特技はルービックキューブ!

 
今、日本のスピードスケートを牽引しているのは女子選手と言っても過言ではないくらい、
小平選手や高木姉妹など目覚ましい活躍をされていますが、
日本男子選手も誰がメダルを獲得しても納得の実力派揃いなんです。

そこで今日は男子スピードスケート日本代表の中から若干22歳にして
2度目のオリンピック出場を果たした
ウィリアムソン師円選手について書いていきたいと思います。
まずは簡単なプロフィールをご紹介しますね。

[出典;Sports navi]

氏名;ウィリアムソン師円(うぃりあむそん・しえん)
生年月日;1995年4月28日 (平昌五輪出場時 22歳)
出身地;北海道浦河町
所属チーム;日本電産サンキョー

オーストラリア人の父と日本人の母との間に生まれた師円選手。
名前の由来は父が好きなアメリカの西部劇映画の”シェーン”に由来しています。
父・ポールさんは師円選手のことを”シェーン”と呼んでいたそうですが、
最近は諦めて”しえん”と呼んでいるんだとか。
ちなみに、戸籍も”しえん”で登録されているようです。

浦河町は競馬の町として有名で、ポールさんは競走馬の調教師をやっています。
そのため、幼いころからウィリアムソン選手も乗馬に親しんでいましたが、
なんと牧草アレルギーとなってしまったため、その道を断念したそうです。

スケートは6歳ころから始め、中学三年次には全国中学500mで3位に入るなど、
一流スケーターとしての頭角を現します。
一方で、中学校時代には他に陸上と軟式野球にも励み、
軟式野球では1番・捕手として北海道で準優勝を果たしています。
スピードスケートの選手はスポーツ万能な方が多いですね。

高校に入学すると同時に、スケート一本に絞って活動していくことに決め、
山形県にある山形中央高等学校に進学しました。
当初は500mの短距離選手として活躍していましたが、
後に5000mの長距離選手へと転向しています。

また、高校在学中に行われたソチ五輪の日本代表に選出されており、
日本勢唯一の5000m選手として出場しましたが、結果は最下位に終わってしまいます。
この時、5000mに転向してからわずか1年足らずで国内選考レースで優勝を果たし、
見事ソチ五輪5000m代表の座を手に入れた師円選手ですが、
選考会1週間前から吐き気と寝不足に襲われて不安が続きましたと、
当時の心情を吐露していました。

試合前に集中力を高める方法は得意のルービックキューブだそうで、
高校時代にはレース前にいつも行っていたそうです。
社会人になった今、集中力を高める方法が変わっているかもしれませんね。

 

師円選手にとって2度目のオリンピックとなりますが、
今回、彼が代表に選出されたのは男子1500m、男子チームパシュート、男子マススタートの3種目。
レース日程はこちらです。

師円選手が颯爽と駆け抜ける姿にも注目ですが、
やはり今、ネットを始め多くの女性を魅了しているのは、その美貌。
師円選手のイケメンはなんと父親譲りだったのです。

スポンサーリンク

ウィリアムソン師円 父もイケメン!ポジティブを支えるステキな親子関係!

 
夏のオリンピックも冬のオリンピックも注目すべきは行われている試合ですが、
それと同時に、毎回必ず話題に上がるのが
”イケメンアスリート”と”美人アスリート”の存在。
ウィリアムソン選手もその一人。
それも、ソチ五輪の時よりもイケメン指数を上げて平昌五輪の代表となっていたのです。

まずは、ソチ五輪の時の師円選手をご覧ください。

[出典;JOC]

十分イケメンではあるのですが、まだ学生らしいというか…
どこかあどけなさが残る師円選手。

そしてこちらが4年後、現在の師円選手の写真です。


[出典;フジテレビ]

程よく垢抜けた感じがよりイケメンに磨きをかけている印象です。

ウィンタースポーツの選手と言う事もあり、
ノースリーブ姿の師円選手を捉えた一枚は貴重なお写真ではないでしょうか。
早く滑るには腕のチカラが重要なポイントとなるため、
足だけでなく、腕もそうとう鍛えられていますね。
真夏の強い日差しをも味方につけているような爽やかなお写真ですね。

 

実は、このイケメンさんは父親譲りなのではないか…?
と思わせてしまう程、父・ポールさんもハンサムな方なんです。
こちらがポールさん。


[出典;フジテレビ]

とても朗らかで優しそうな方と言う印象ですね。
そして、やっぱりイケメン。

そんな優しそうでイケメンな父・ポールさんですが、
めちゃくちゃ師円選手の事が大好きなんだとか。
彼の事について聞いてみると、「超Very Good Boyですよ。超Very Nice Boyです」
と、底抜けの明るさで息子さんのことを大絶賛。
実はこのポジティブさこそ、師円選手の強さの秘訣ともいえるのです。

「ポジティブが一番良いです。
何があってもポジティブなところを探すんです。
ビリケツでもいいよ。十分ハッピー。
師円は自信あるから、自分を信じて!」

[引用;フジテレビ]

と、常にポジティブな父の生き方は、大舞台に挑む息子を支えてきました。
ポールさんは師円選手が大事なレースを控えた前日に必ず
『いけるぞ。できるぞ』と、呪文のように激励をしてくれるそうです。

平昌五輪の選考レース前日にもポールさんは師円選手エールを送っていました。
そして、1500mで自己ベストを出し、見事2位に入りこの種目の代表を射止めました。
選考レースが行われていた会場に足を運んでいたポールさんは、
うれしさのあまり観客席から飛び降りてしまったそうです。
そして最後は親子でがっちり握手。

調教師とスピードスケートの選手。
闘うフィールドは違えど、親子二人三脚で世界に挑む姿は本当にステキですね。
平昌五輪後もまだまだ師円選手の活躍に期待したいですね。
 
 
【関連記事】
高木美帆 自己ベストで金メダルへ!可愛いスピードスターはサッカーも五輪級!

小平奈緒はオカリナに似てるけどかわいい!平昌五輪で金メダル候補!強さの秘訣は丸まった猫の背中!

佐藤綾乃(スケート)骨折シーンの動画あり!平昌五輪 黄色信号のかわいい美人アスリート!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です