山口達也メンバーっていう表現は何?ZIP代役はイノッチが濃厚!

人気アイドルグループTOKIOのメンバー、山口達也さんが25日、書類送検されました。
女子高生にキスを強要したとして、強制わいせつの疑いが持たれています。
マスコミがジャニーズ事務所に忖度していると思われる”メンバー”という表現。
なぜ、容疑者として報じないのか、その理由に迫っていきます。

スポンサーリンク


山口達也 強制わいせつの疑いで書類送検!逮捕と書類送検の違いは何!?

 
GW前に衝撃的なニュースが飛び込んできました。
人気アイドルグループTOKIOのメンバー、山口達也さんが
25日、強制わいせつの疑いで書類送検されたことが明らかになりました。

[出典;ジャニーズ事務所]

まずは、書類送検されるまでの概要についてまとめていきます。

NHKが25日、夕方のニュースで今回の事件の第一報を報じました。
TOKIOの山口達也さん(46)が今年2月、自宅マンションで、
女子高生に無理やりキスしたなどとして、
警視庁が強制わいせつの疑いで書類送検したと、報じました。

関係者によると、山口さんと被害に遭った女子高校生とは
仕事を通じて知り合ったということです。

調べに対して山口さんは、事実関係を大筋で認めています。
また、NHKによると、山口さんの所属事務所と被害者側が話し合った結果、
被害届を取り下げる手続きを行ったそうです。

 

山口さんの場合、今回は逮捕ではなく、書類送検されましたが、
この二つの違いとは一体何なのでしょうか。

まず、逮捕についてですが、
犯罪=逮捕というイメージを持っている方が大多数を占めるかと思います。

そもそもこの逮捕とは、被疑者(犯罪を犯した人間)の身体を
強制的に拘束し、留置所へ送りつなぎとめることを指します。

そして、逮捕には3種類あります。

警察が逮捕令状を作成し、裁判所が許可して逮捕できる通常逮捕
犯行現場でそのまま身柄を拘束できる現行犯逮捕
殺人罪や強盗罪など重罪を犯した者に対して、逮捕の緊急性がある時に、
逮捕令状無しに逮捕する緊急逮捕

通常逮捕の場合、警察が証拠を集め、逮捕令状を作成し、
裁判所が対象の人物を逮捕しても問題ないと判断した場合、
警察は逮捕状の発行日翌日から7日以内に逮捕することが出来ます。

現行犯逮捕の場合、現在犯罪を行っている者、
もしくは犯罪を終えたばかりの者など、
明らかに犯人が分かっている者に対して、
逮捕状なしで逮捕することを言います。
この現行犯逮捕に関しては他の2つとは違い、
逮捕状なしで逮捕することが出来る例外的な措置となります。

そして、あまり耳にすることがない緊急逮捕ですが、
重罪を犯した者に対し、逮捕の緊急性がある場合に逮捕することを言います。
例えば、指名手配犯を道端で発見した時など、
今、犯行が行われていないが、逮捕状なし逮捕する時のことですね。
ただ、緊急逮捕の場合、逮捕後、警察官は直ちに裁判所へ向かい、
令状の手配を行わなければ、被疑者の身柄を釈放しなければなりません。

いずれの逮捕方法でも、逮捕後48時間以内に被疑者の身柄は
検察へ移送しなければなりません。
逮捕は警察しか行う事が出来ず、
逮捕後の被疑者を裁判にかけるかどうか(起訴)するかの判断は検察が行います。

以上が逮捕についての簡単な説明です。
ここからは今回、山口さんがされた『書類送検』について簡単にまとめていきます。

逮捕とは身柄を拘束し、送検(留置所へ送る)することを言いますが、
書類送検とは、読んで字の如く、書類を検事に送致することを言います。

書類送検の場合は身柄の拘束はありません。
つまり、簡単に言ってしまえば逮捕されないということになります。

今回の騒動を例に、同じ強制わいせつの疑いでも
逮捕される人と山口さんのように書類送検だけの人がいます。
この差は一体何なのでしょうか。

今回の場合、山口さんは女子高生にキスを強要したと報じられています。
この”キス”が今回のポイントになってきます。
書類送検される事件というのは重大な犯罪ではないものに対して、
逮捕はせずに捜査を行います。
この場合、被疑者の身柄は拘束されていませんが、
その犯罪を起訴するかどうか検察に判断してもらう必要があります。

そこで、被疑者の取り調べ調書などの『書類』を検察に送り、
起訴するかどうかの判断を行います。
これが書類送検。

もし、山口さんがキス以上のわいせつ行為を強要していれば
書類送検ではなく、逮捕されていた可能性が高いと思われます。

重罪な事件の場合、証拠隠滅や被疑者が逃亡する可能性を未然に防ぐ必要があるため、
逮捕という、身柄の拘束が必要になります。
しかし、身柄の拘束がない書類送検で対応する事件の場合、
比較的罪が軽い事件が対象になることが多いため、
逮捕する必要があまりありません。
そのため、書類送検された被疑者は結果的に不起訴処分や、
代理人が被害者と示談交渉をし、被害届を取り下げるケースが多くみられます。

以上が逮捕と書類送検の簡単な差についてでした。

山口さんの場合、被害者の女子高生が被害届を取り下げ、事件が解決しました。
また、容疑者という表現は、嫌疑を受け、取り調べを受けている間に使用されるため、
今回の山口さんのケースには該当しないという事になります。

しかし、マスコミが山口さんのことを”山口メンバー”と表現していることに
違和感を偉大で居る方も多いように見受けられます。
これは、マスコミ側はジャニーズ事務所に忖度した表現と言っても過言ではありません。

数年前に元SMAPの稲垣吾郎さんが道交法違反の疑いで書類送検された際も、
彼の事を”稲垣メンバー”と表現していました。
一方で、元SMAPの草なぎ剛さんが公然わいせつの疑いで逮捕された際は、
”草なぎ剛容疑者”と表現していたんですね。
個人的には普通に”山口達也さん”という表現でいいように思いますが…。

 

山口さんと言えば、毎週月曜日と水曜日に
朝の情報番組ZIPに出演していますが、
今回の騒動を受けて出演はどうなってしまうのでしょうか。

スポンサーリンク


山口達也 強制わいせつの疑いで謹慎濃厚!ZIP代役は朝の顔・イノッチで決まり?

 
逮捕こそされていませんが、強制わいせつの疑いで書類送検されたとなると、
山口さんはしばらくの間、芸能活動を自粛せざを得ないと思われます。

収録分の放送については字幕対応、もしくは番組の差し替えが可能ですが、
山口さんと言えば、週2回、朝の生放送番組に出演していますね。

[出典;日本テレビ]

18:30の時点で、日本テレビからの正式なコメントは発表されていませんが、
恐らく、来週の月曜位以降の出演は見合わせることが予想されます。

そうなると…
気になるのが”代役”。

ここからは私の勝手な予想になりますが、
週2回の山口さんの枠(ジャニーズ枠)は
同じくジャニーズ事務所のタレントを出演させる可能性が高いと思われます。

そして、朝の情報番組かつ、生放送で臨機応変に対応できる人材が求めらます。
そうなると…
とても安易な思考になりますが、
3月までNHKの朝の生放送番組に主演していたV6の井ノ原快彦さんが
代役を勤める可能性が高いのではないか…と予想しています。

[出典;ジャニーズ事務所]

井ノ原さんがNHKの朝の番組を降板する際、
後任が博多華丸大吉さんになったため、
事務所とNHKが揉めたと報じられていました。
ジャニーズ事務所側としては後任に事務所のタレントを
引き続き起用したかったためと言われています。

そのことを鑑みると今回、代役を立てるとするならば、
ジャニーズ側の反感を買わないためにも同事務所のタレントを起用するのが
一番穏便に話が進むものと思われます。

いずれにしても、たった一度のキスの過ちで
タレント生命に大きなキズが付いたことに変わりありません。
今後、活動の幅が狭くなってしまわないか…
要らぬ心配をしてしまいます。

山口さんには表に立つ人間として、
今回の騒動について大いに反省して頂きたいと思います。

スポンサーリンク


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です