泰葉、小朝を告発ならぬ摘発!小朝に殺され続けた20年!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

シンガーソングライターの泰葉さんは24日、
自身のブログで落語家で元旦那の春風亭小朝さんから
かつて結婚生活を送っていた20年間、虐待を受け続けていたことを明かしました。
小朝さんとは2007年に離婚が成立し、
10年たった今、ブログで泰葉さんは何を語りたかったのか、まとめてみました。

スポンサーリンク


泰葉離婚の真相は黙ってた!当時知られる事がなかった大人な対応!

1987年、落語家の春風亭小朝さんと結婚し、2007年に離婚した泰葉さん。
離婚当時の会見はかなり衝撃なものとなり、
元旦那である小朝さんのことを
「金髪豚野郎!」と罵倒していました。
その後、ほとぼりが冷めるまで少し時間がかかり、
10年たってようやく落ち着いたと思った矢先、
泰葉さんが24日、自身のブログにまた元旦那である小朝さんに関する
衝撃的な告発内容を投稿しました。

まずは簡単に泰葉さんのプロフィールから。

生年月日:1961年1月17日 (56歳)
血液型:A型
初代林家三平の娘さんである泰葉さん。本名は海老名 泰葉さんと言います。

泰葉さんは1987年の結婚を機に、芸能界を一度退きます。
引退理由として
「小朝さんの妻となり、サポート役に徹したい。」
「事務所の社長となり、社長職を全うしたい。」
と言った内容でした。

ですが、2007年の離婚会見時には
「社長業と主婦業の両立が難しくなった。」
として、離婚と言う決断に至ったと話していました。

結婚当初から
「お互いを好きになったよ言うよりは地位や名声目的の結婚」
とも噂されていたそうです。

結婚生活に相当な鬱憤が溜まっていたのか、
泰葉さんは会見で
「金髪豚野郎!慰謝料1億5000万円よこせ!」
と、声を荒げてしまう程。
さすがのこの行為は世間から相当バッシングされていました。

そんなある意味”いざこざ”まみれの離婚だった2人ですが、
今日、何を思ったのか「意を決して告発します」と、
衝撃的なブログを泰葉さんは更新しました。
その内容を読んでいくと、当時の泰葉さんの離婚会見がいかに
”大人な対応”だったのか…
そんな背景まで見えてきました。

スポンサーリンク


泰葉の離婚原因は泰葉!うつになった真相を今語る!

24日に更新されたブログの内容は
・暴行
・いじめ
・異常性行為
と、虐待という虐待のすべてを20年もの間、元旦那の小朝さんから受けていた
という衝撃的な内容でした。

離婚当時、取り沙汰されていた泰葉さんの精神疾患”双極性障害”は
この虐待によるものだったと明かしています。

そうしながらも、結婚生活をしていた当時、
泰葉さん自身も悪かったとし、
「あの時、警察に相談・通報する勇気がなかった…」
と、当時の胸の内を吐露しています。

もし、このブログの内容が本当であれば、
20年もの間、泰葉さんは日々の恐怖と誰にも伝えられない不安とで
ココロが死んでしまっていた…
ということになります。
双極性障害になってしまうのも否定できません。

鬱になった理由を10年たった今、
蒸し返すような形で”告発ブログ”を公開した泰葉さん。
ですが、心の病と言うのは身体の病と違って
完治・治癒・悪化が他人からわからない分、
泰葉さんのタイミング的に「公表できる時期が来た」
ということなのかもしれません。

むしろ、泰葉さんは10年の月日を経て公表で来た、
とってもメンタルの強い方なのかもしれません。

泰葉さん自身もこのブログを書くことそのものにも相当悩んだことを
ブログの後半に綴っています。

また、このブログを書くにあたって、同じ境遇に遭っている知人が
背中を押してくれたことを感謝しつつ、
「ここで自分が意を決して公表しないと
同じ境遇に遭っている人たちを誰も救えないかも」
と、自身の今の胸の内も語られています。

世間的には突拍子もないことで奇を衒っているように見られてしまいますが、
その背景には本当に抱えていたココロの病とともに、
自身の身を守りながら、事実を伝えるという使命を感じていたのではないでしょうか。

これからの泰葉さんのご活躍を心より願っております。

スポンサーリンク


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*